久しぶりの本屋

深海【奇妙でカラフルな深海の世界】作者: クレールヌヴィアン出版社/メーカー: 晋遊舎発売日: 2008/09/26メディア: 大型本購入: 6人 クリック: 261回この商品を含むブログ (18件) を見る 大好きな世界はたくさんあるが、中でも深海は海底2万マイルのころか…

ナ・バ・テア と、ダウン・ツ・ヘヴン

ナ・バ・テア作者: 森博嗣出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2004/06メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 84回この商品を含むブログ (314件) を見る 少し前に読み終わっていたので忘れている……。ティーチャが出たのがこの巻だ。ティーチャとはキルドレ…

この蒸し暑さこそ日本らしいのか?

暑いですね。こんにちは。こちらは日が差さないのにえらい暑いです。エアコンつけねばやってられないが、一人だとやっぱりつけづらい今日。脱ぐしか涼をとる方法がありません。ああ、あっつい。 最近マンガばっかり読んでいました。塩鯖の課題図書です。JIN―…

緑が凶暴なのは夏の証

夏といえば冷たい麺です。今日は全国的には有名だけど讃岐の国では否定的な「うどんにあんこ餅」を食べました。冷たい掛けうどんに餅トッピングするほどこの組み合わせのファンになってる私。こんにちは。 本来なら今日という日は遅く起きてゆるりと朝ご飯を…

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ作者: 森博嗣出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2001/06メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 463回この商品を含むブログ (427件) を見る 届くのが早かったので読むのも早かった。映画のとおりではあるけど、より散文的な表現が多くて、映…

傷つくことに敏感になれ

今日は朝からおはようございます。最近とんと本を読んでいない私ですが、ゆっくり新刊チェックなどはじめています。その中でちょっと気になった本がこれ。さよなら、ニルヴァーナ作者: 窪美澄出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/05/28メディア: 単行本こ…

たけぞぅー

バガボンド(1)(モーニングKC)作者: 井上雄彦,吉川英治出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/03/23メディア: コミック購入: 2人 クリック: 41回この商品を含むブログ (129件) を見る 久しぶりにバガボンドを読んでいる。すごく楽しい。楽しすぎて時間を忘れ、…

桜前線が目前に

春です。勢いあまってポトスの蔓をちぎってしまった昨日、お願いだから根っこ出てきて。ダメなら花瓶に入れるけど。春です。おはようございます。 昨晩の夢に妹が出てきましてね。妹ちゃんというと、ヤツが生まれてからずっと見ているので、いつの年代の妹ち…

注文の多い注文書

注文の多い注文書 (単行本)作者: 小川洋子,クラフトエヴィング商會出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/01/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (19件) を見る 小川洋子さん続き、ないものあります、クラフト・エヴィング商會。 case1 人体欠視症治療…

最果てアーケード

最果てアーケード作者: 小川洋子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/06/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (30件) を見る コミックの原作だそうです。私は単行本があればいい。誰しもが持ってる「慈しむ」という感情を形に…

スナックちどり

スナックちどり作者: よしもとばなな出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る 小さな映画にしたとしても、この物語のよさは損なわれないだろうな、と思う。久々のばななさんはやはり最高だよ。彼女…

huluと図書館

DVDを借りに行くのは好きだけど、探すのが苦手。そして決めるのも苦手。じゃあなにしに行くのが好きなのか私。おはようございます。 ホテル・バビロンが見たいなあ。どこにあるんだろうか。 GoogleCastがあるのでhuluは楽にテレビで楽しめます。便利よのう。…

スマートニュースその後

こんばんは。何時ですか。23時ですか。寝なければ。ピークは3時間前に過ぎてしまったようです。 スマートニュース、スマホでニュースがストレスなく読めるアレは今も活躍しています。なぜか。ストレスなく読めるからです。コンテンツは選べるけど、結局ト…

道草が、ますますできない

写真がない日が続いています。が、目は開けて生きてます。今日写真撮ったのはうどんでした。またうどんかよ。でも食べるのは久しぶりなんだよ。 牛乳がないなあと思って数日。道すがらのコンビニはいくらでもあるのに、どうしても止まれない、止まりたくない…

圧力鍋の「H」と「L」

圧力鍋を愛用しています。こんばんは。もう何年使ってるのか分からないのに、昨日初めて高圧と低圧の使い分けの方法を知りました。あんびりーばぼー。感動に浸りつつ低圧で玄米を炊いたらぜんぜんいけてないっていうの。圧力鍋は中が見えないからタイミング…

脳みそは誤解し続けるらしい

ガリレオ Blu-ray BOX出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント発売日: 2013/04/24メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (13件) を見る 福山嫌いを豪語しているけれど、物理に罪はないということで。いまさらかよ! いまさらですよ! 物理の問…

久しぶりに妹ちゃんちの日

本当に久しぶりに妹ちゃんちで長居してきた。甥っ子たちも久しぶり。一年生の宿題を見ながら小さく安堵(まだ分かるぜ)のため息を漏らしていたしだいです。こんばんは。 妹という存在はきっと家族の数だけ形があると思うけれど、うちは圧倒的に妹ちゃんのほ…

真心を君に

タイトルは某アニメを意識して、ではない。おはようございます。蟲師 特別篇 日蝕む翳 (KCデラックス アフタヌーン)作者: 漆原友紀出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/04/23メディア: コミックこの商品を含むブログ (12件) を見る 蟲師を読んでいた。暇な…

女のいない男たち

女のいない男たち作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/04/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (73件) を見る 今朝のニュースで春樹がイギリスでサイン会を開いたと知った。次こそはノーベル文学賞、とイギリスの方々が言っていた。異…

夏の課題図書だな

N・P作者: 吉本ばなな出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1990/12メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (9件) を見る 飽きもせず、今年も読み終えたことに感謝。今年の夏がちゃんと終えられる。 暑さが殺人的になってから、夏の長袖も「ありか…

勝手に夏の風物詩

TUGUMI(つぐみ)作者: 吉本ばなな出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1989/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (14件) を見る 今年は読めないかと思った夏の風物詩。勝手に三部作だけどアムリタも読みたい。 人と人との距離が…

押入れの底からこんばんは

一昔前の映画のタイトルのようです。こんばんは。珍しく夜に更新です。なぜって、なんだか寝るタイミングを逃したので。といっても、ごろんとしてれば寝るんですけど。ははは。 似て異なる言葉は多いもので、引っ込み思案は恥ずかしがりや、ではないんです。…

雨の夏至

もうすぐ夏至だ作者: 永田和宏出版社/メーカー: 白水社発売日: 2011/05/13メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (6件) を見る 今日は夏至です。夏至より冬至のほうが怖いですが、夏至もけっこう怖いです。だって夏が来るでしょ。で…

レスポンス

こんにちは。打てば響くと人は伸びるのでしょうか。いやいや。90%の人がそうであっても10%の人は違うツボがあるんだろうなと思います。その10%のツボを押したくてしょうがありません。誰も育ててないけどね。 書くことが好きだったはずなのに、今は…

暑いっすな

やけに暑くないですか。エアコン入れたろうかと思っちゃう今夜。暑くないっすか。暑くないっすか。暑いっすね。あっつー!! キレてみました。 ばななを読まなくちゃと言いつつ、読んでいます。雨のにおいがする本です。でも最近宮沢賢治をとっぷりと読んで…

二人ぼっち

ニキの屈辱作者: 山崎ナオコーラ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2011/08/05メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (23件) を見る FBにも投稿したけど、本当に二人ぼっちという言葉がぴったりだと思う。恋する女の子。だからニキの屈辱…

ノルウェイの森ってなんだったの?

だいたいキモイと言われるハルキストです。こんばんは? おはよう? どっちでもいいわ。 なぜにハルキストがキモイのか、というのはずーっと前に述べているので、懐かしきかなノルウェイの森について書いてみます。ヒマなのか? いいえ、寝ぼけてるからです…

アマゾンのお勧めは、なしやて

おはようございます。ぐんにゃりとよく眠りました。でも夢をみたはず。忘れている。忘れているが、なんだか過去の回想だった気がする。どちらかといえば幸福な。思い出せなくてもいいか、と思えるぐらいの柔らな夢だったんだと思います。 いつまでも残る傷跡…

時間を間違えて桜日和

とっておきはそのうち載せます。こんばんは。なんぞ久しぶりになりました。 出勤の時間を1時間間違えて、満開の桜を満喫しました約30分。天気も良いし、花見の人も楽しげだし、風も少ないし、もうまるでエロ写真家のようでした。「いいよその角度」「もう…

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね作者: 岡崎京子出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2004/02/21メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 257回この商品を含むブログ (169件) を見る 早起きついでになんとなく何度目かの再読。コミックより小説の方が好きだな…