いとしのニーナ1〜4

いとしのニーナ 1 (バーズコミックスデラックス)

いとしのニーナ 1 (バーズコミックスデラックス)


 分かって読んでるんですよ。この人は危険だと分かってて読むんですよ。後悔したけど、く、上手い。上手すぎる。絵が違うだけで「ヒミズ」と変わらんです。ただ、ヒミズは観念的なのに対して、こっちはややギャグってくれてるので救われる、それだけです。

 牛島くん(闇金のじゃないよ)が、不憫です。わたしは牛島くんというよりマサです。マサのもっといじけてヘタレです。だけど牛島くんが不憫です。ニーナだって不憫だし麻美だって不憫です。でも、麻美って友達に似てるな。ねむさんところに書いた畑に落ちた友達に。

 被害者だろうと加害者だろうと、生きてたらどっちにでもなるんです。いじめを黙殺したら加害者と一緒だけど一言発するだけで被害者になるんです。だからって被害者が権力を持つわけじゃないんです。そういうお話しです。

 うぇ、過去思い出しまくりできっつい。マサすげーよ。ダイエット成功したんだよ。いやぁ、適わないね。結局努力するヤツには適わないね。

 登場したみなに、特に牛島くんに幸あれ。