十三番目の人格

 ISOLAの方が有名かも? エンタメホラー好きさんからお借りしたほんです。映画は見たはずだが。


 内容は期待通りのエンタメホラー! 久々に読んだな。すいすい読めて楽しかったです。


 相手の強い感情を読み取る能力を持って生まれた主人公が多重人格の少女と出会い、戦うのです。要約しすぎ。戦う相手は結局なんと言えばいいのかな、人の業とまとめるにはやや抵抗があるけれど、まぁそうなんだ。誰しもに巣食っているもの。雨月物語の『吉備津の釜』がモチーフにされているが、まさにそれ。うまいことなぞらえてます。『吉備津の釜』は底なしに怖いけど。夜に読めないよ。


 個人的にはエンタメ要素が強すぎて好みではないけど、箸休めならぬ読み休めできました。さっぱりした読後です。だって業だもの、そう簡単に人から剥がれやしないよ。ははは。

***

 日本のホラーといえば「飯田譲治」と「鈴木光司」と「坂東眞砂子」のいくつかはなぜかハマって読んだです。鈴木光司の「らせん」が一番好み。「仄暗い水の底から」も良かった。

 そういえばこの人「悪の教典」を書いた人ですね。貸してくれた人に「悪の教典」はどうなの? と聞いたら「絶妙に微妙」という返答だったので先送りしているんです。まぁ、そんな本があってもいいです。