おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2


 アンアンに連載されたエッセイ。ちなみに最新は3です。

 本人が「ビール会社の作るウーロン茶」というだけあって、珠玉の一冊とは言いがたいのかもしれない。でも、空気の流れを変えるにはちょうどいい。一遍が短いしすっきり終わるし教訓もあるようなないような。いいんだ、そういうのがいいんだ。

 昨日、春樹について(また)考察しようとした。けれど意味がないと(また)気づいてやめた。ただ、わたしはこの人の文章が好きだ、それでいい。

 人生で何度も読む本がある。それは自分の歴史上では大切なものかもしれない。でも思い返してみると、何度も読むけどそれほど口にしない本もたくさんある。語ろうにも「うーん」となる本もたくさんある。たくさんある。それが嬉しいじゃないですか。

 ああ、もう読み終わってしまった。この文体にもっと溺れていたかった。そう思ってまた春樹の別の本を読み出して、図書館本を一ページもめくらずに返すんだろうな。ま、それでもいいや。