エッセイ脳

エッセイ脳―800字から始まる文章読本

エッセイ脳―800字から始まる文章読本


 レビュー久しぶりか。読書禁止だったので、まともに読んでなかったんだ。でも眼精疲労なんて読書禁止したところで多分焼け石に水、ってことで読んでみた。

 随分と理系的なアプローチの文系脳が書いたエッセイの書き方のようなものだった。面白いか否かで答えれば、否。エッセイというカテゴリが確立されない理由はなんとなく分かった。要するに「エッセイとして」必要ないからだ、とわたしは思う。

 その人に興味を持ち、その人が書いたものを読み、その人が行った場所に行く。そして感じる。それが知るということ。エッセイは自己啓発でもなければ小説でもない。興味がない人のエッセイを開くことがあるとしたら、それはきっと旅行の隙間だろう。