本屋は死なない

「本屋」は死なない

「本屋」は死なない


 以前記事にした元ネタようやく見つけたよ……。執念です(こちら)。

 その土地にどんな書店があるか、どんな本が並んでいるかで、住む人の意識、気質は変わるし、もちろんその逆もある。新宮で下宿していたころ、地元作家である中上健次の作品がズラッとならんだ荒尾成文堂の棚を見て、私は中上が日本で一番有名なベストセラー作家だと思い込み、読みあさった。で東京に出てきて、「あれ、こんだけ? 村上龍より少ないの?」と愕然としたものだ。

 これ、これだ。この勘違いが愛おしい。