ワイオミング生まれの宇宙飛行士

ワイオミング生まれの宇宙飛行士 宇宙開発SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)

ワイオミング生まれの宇宙飛行士 宇宙開発SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)


 これは面白かった!! 特に最初のアンディ・ダンカンのが個人的にツボでした。SFの鉄板ネタだと分かっているけど熱くなるんだ。すみません、SFは初心者です。

 中村融さんチョイスは今のところハズレがない、と断言してしまうほどいいです。なんだかもう、ジーンとする。SFってええわ、楽しいわ、もう想像の世界だけで突っ走って現実なんてポイしちゃおうぜ、と思う。実際できないのが現実ですが。いつ追いつくんですか。

 アンソロジーのいいところは、いろんな作家の作品が一度に読めることで、残念なところはもっと読みたいと思っても終わってしまうところ。しかし、SF作家は長編が多く、わたしは長編は挫折しがち。なのでこういうのが一番いい。

 SFとひとくくりに言っても、本当にさまざまだ。その中で単に好みの物語がまとまっていただけかもしれない。宇宙開発がテーマなので始終ワクワクする。このワクワクが楽しくてSF読んでる。

 SFオタクな知人からすれば、あの人は長編になると政治的になりがちだから退屈だとか、でも世界観は完璧なんだとか、人間とはという問題に毎回挑むが結局答えは出ないものが多いとか、いろいろあるらしい。うん、でも好きなのを読めばいいと思うんだ。