読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達と恋人の違いについての勝手な分析

 求めるものが違うんじゃないでしょうか。しかしドリカムの歌詞であなたを失うことは最大の友達を失うこと、みたいなのなかったでしたっけ。気持ちは分かりますが、やっぱわたしは求めるものが違うので、別物です。

 基本的に誰かと何かを共有したいという気持ちはあります。でもそれは恋人や友人にだけ向けられるものじゃない。だから拡散します。ぶおおおおおおっと。共有できる誰かが見つかれば嬉しいなと思うし、見つからなければ仕方ないなと思う。その程度のものです。

 友達は滅多に終わらないのです。というのも、わたしは友達に言いたいことを言うし、やりたいようにするし、遠慮しないのです。だから友達が少ないです。これができない相手とは友達になりません。

 かわって恋人はというと、ある意味では終わることが前提なんです。それは生涯添い遂げるぞという長期スパンから、見切りを付けちゃうぞという短期スパンまでいろいろですが、とにかく終わることが前提です。その中で、同じ地点を見つめられる人でなければ辛いし、辛いと短期になる。

 友人や恋人といろいろ共有できたりすれば楽しいなと思う。でも同じ温度でそれを求めはしない。でも、友人には終わらなさを求め、恋人には終わりを求めているようです。どっちも長続きするのが一番いいですけどもね。

 価値観が一緒だから、と簡単にいえません。価値観って趣味じゃないから。同じ映画を見てまったく違う意見が出ても、最終的にいきつく思想が同じであれば安心する。恋人には。友達はまったく違っててもいい。わがままでしょうか。しかし人選びのスタンスはずっとこれです。広がらないわけだよねえ。

 というわけで、求めているものが違うという点で、違うと思います。

http://theinterviews.jp/cimacox/5035648