読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式でした

f:id:cimacox:20140413152418j:plain
 きっと今、三次会とか無茶なことをしているはずだ。こんばんは。

 私、結婚式って嫌いだったんですよね、といつもどおりトップギアで否定から。だって、式の形式がいろいろでルールが多くて、一番イヤだったのは妹の結婚式ね! 黒留袖ね! ネタになるから写真撮っておけばよかったと激しく後悔しています。

 それはさておき、今日の結婚式。明日のFBかnoteでわかりますが、私なりのハッピーウェディングありがとうの気持ちです。あんな幸せそうな二人、嬉しそうな親族、気さくな人たち、なかったです。呼んでくれた友達ありがとう。今度会ったらFB講座するね。

 気持ちの表現は一番難しい。「おめでとう」は当然言いたい。でも「おめでとう」だけでは伝わらない。私は四苦八苦して伝えることをしたつもりだが、果たして彼女に伝わるかどうか、それはわからない。

 極論を言うと、受け手に答えを委ねる時点で責任放棄しているとも言える。「ありがとう」「おめでとう」では到底伝わらぬと思って、明日のコーヒーは気合が入っています。これを彼女に届けたら、彼女の結婚へのお祝いはおしまい。あとは二人で頑張っていけ。愚痴ならなんぼでも聞いてやる。

「愚痴も悩みもないんです」と言う人は、上手く行っている人か、気づいてないかどちらかだと思っています。でも、どちらでもいいんですよ。気づかずに生きていくことは「今」気づく必要がない人だし、気づいても進む気がない人はそのまま(きっとジレンマは抱えている)だし。

 私はヒーラーでもなければ占い師でもありませんので、文学からしか感情は得られません。対面会話のもっとも良いところは、体感できるところです。私は体感させるものがないのでまるごとごそっと入れ替えなければなりません。

 伝われば良いな。遊びに行くよ。必ず行く。