人の絵馬を盗み見る気持ち

 やぁやぁ、こんにちは。やらねばならんことがあるんですが、まったく気分が乗りません。いえ、なに、おでかけですよ。ぬうううう、家から出たくない。

 ぼうっと星占い、という西洋占星術の記事を読んでいるのですが、自分の星座のところはなんでも心当たりがあって「オレ、なに読んでもそーですそーですって言いそうだ」と思います。それほど波乱万丈はないんだけどね。だからほかの星座も読んでみて、ほうほうと思ったりしています。当たるか当たらないかは問題ではないのだ。なにがどーしてどーなんだ、ということだ。で、結論としては、人の絵馬を盗み見て、風呂敷が大きくなりすぎた、感じ。手に負えない。もとい、脳みそに負えない。キャパオーバーです。

 今日はお守りを渡そうとして人も探すんだけど、いつもすれ違いで渡せないという夢を4回見たよ。1時間おきにシーンが変わるんだから豪華セットだよね。80年代のロンドンと、60年代のシチリアは覚えてるんだけど、あとどこだったかなあ。

 ホントはあれもこれもできちゃうより、あれとこれしかできないほうが、生きてくのは楽なんだよね。

 さて、行くか。えー。いやだー。