そしてまた、振り出しに戻る

 画像をいじるのは得意ではありません。こんばんは。

 ようやく人並みに画像編集ができるようになったなーと思いきや、今度はコラージュとかがんばっていたりしたんです。無駄です。なぜなら、コラージュ目的で写真を撮っていないから。ではなにが目的なのか。記録です。記録写真は足しても引いてもおもしろくない。一番いいのは1枚のときです。なんというか、出たとこ勝負。

 でも世の中にはいろんなアプリがありまして、なんとなくさまになる正方形の9つ割りだけど、それも写真がびしっと真ん中で撮れてないと見栄えがよくありません。私の身体機能はブレがありますゆえ、なんとなく真ん中だよどれも全部。もちろんアプリは賢いので調整できたりしますけど、私の身体機能のおかげで(操作を間違える、操作を忘れる、微調整がぷるぷるする)なんだかへなちょこナインになります。

 結局ですね、写真を撮るときになににしようか考えてないとダメっちゅうことですよ。そこかよ。そこかい。そこだよ。振り出しですよ。

 ふと思い起こせば、昔のアルバムはきっと母が写真をあれこれ置いて、なんか一言書いてみて、フィルムをぺたっと貼ったんだな。プチデザイナーだな。まるでお弁当のようだ(センスが問われる)。

 私は腹の中にセンスも置いてきたようです。むしろなにを持ってひりだされたのか謎です。