読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wordpressとconcrete5で遊んでいる

 最近Wordpressconcrete5と戯れているのです。こんばんは。

 Wordpressは10年ぐらい前に少し遊んだことはあったけれど、驚くほど進化を遂げていてついてけません。というか、WEB関係について私は浦島太郎であります。そんな気はしていた、だから手をつけなかったんだ。

 ネコも杓子も時代なんて知らない人たちが続々と大人になって、新しいWEBの遊び方・表現の仕方・作り方を作ったんだろうなあ、そうであってほしいなあ、でないと、できない自分が悲しいよ、という気持ちです。

 あれだ。いつも赤点ばかり取っていた友達に「なにが分からんのだ」と聞いたら「書いてあることが分からんのだ」と言ってたのと同じだ。あれは衝撃的だった。今私はそこにいる。うわあ、どうしよう。

 とはいえ、一応分かっているような感じなのは、インストールはできるんです。教科書どおりのことはなんとかなるんです。問題は、自分が求めているもの(デザインから機能まで)をうまく具体化できないこと、なんだろうな、と思います。ここんところはホントに仕事での経験があるほうが絶対に良い。だが私にはない。ひねり出すしかない。例えうまく具体化できても、今度は実現できるスキルがあるかどうかの自信もないが。

 最近なにもかもが錆びている気がして仕方ない自分だけど、やろうと決めたことはやり遂げたいのです。なんだってダメでもともとって思っとけばね、ひざにすり傷できるぐらい痛くないし。この考え方が後ろ向きだけども。

 Wordpressはどこまでもブログツールだと私は思っているので、今回はconcrete5かなとゆるく決めました。でもWordpressはやっぱすごいです。なんていうかな、Excel大好きさんがExcelでなんでもやりたくてExcel内でWordもPowerPointも擬似的に使えるような機能を作ったよ、みたいなところがすごいです。私には巨大なレゴに見えてます。

 で、concrete5ですよ。なんかね、もうタグをごりごり書いてたころのあれやこれじゃないんだなと、痛感しているわけですよ。特にお金をかけるところの場所がね、違うんだなあって。だからいくらでも高くできるし、安くもできる(これはconcrete5に限らず、WEB全般)。そしてサイトというものはPCからもモバイルからもアクセスできて、その画面の広さの何倍も何十倍も自由。自由ゆえに人間が便利と感じるUIは限られる、みたいな不自由。ああ、もうおばさんはくらくらしちゃうわ。

 よいデザインのサイトを自分の希望通りに作ってもらうといくらぐらいかかるかなと考えたら、30$のテーマとレンタルサーバードメイン(これはキャンペーンでもらえるらしい)ぐらい安い、安すぎるぐらいだ、と思うんだけど、そこまでのクオリティが必要かな、なんて行きつ戻りつしながら、全力のお遊びに勤しみます。

 最近の錆びの原因は、こうやってあちこちに思考が飛んだり、できなかったときの言い訳を考えたりするからっていうのもあるんだろうな。専念すればいいのにね。はぁ、自己満足のために頑張ります。