読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心配の椅子

心配の椅子の数は変わらないんじゃないかと思う。心配事がひとつ減っても、どこからかむくむくと湧いてきて、空いた椅子を埋める。

心配の椅子に座るものには重さがあって、それが心配の重さになるのではなかろうか。

なら心配の椅子なんてなきゃいいじゃんと思うけど、それかまあることが安心を生むので、ないとダメなもの。自由と足元の大地みたいな関係かな。

ということを日ごろ考えては片っ端から忘れてる。今日はキャッチできてよかった。

今日の心配事は塩鯖風邪気味どうしよう、です。夜のエアコンいらなくなったね。