読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドン・キホーテ(スペインの)

夕方の帰り道、ドン・キホーテの舞台をちょっとだけニュースでやっていた。ドン・キホーテの舞台見たことないなぁ、どんなだったかなぁ、と思い出していたら、ふいに「ざわっ」とした。あれ、この「ざわっ」は記憶にあるぞ、と探ったら、ワンピースの感動シーンの前振りに似てるんだなと気づいた。感動シーンに繋がる気づきあたりのね。読んだことある人はわかるはず。

 
ドン・キホーテは奥深い喜劇で、ワンピースは王道少年漫画。騎士道と海賊道、なんてあるのか? まぁ、どちらも男らしい話ではある。分かりやすい似てるとこといったら暑苦しさかな。
 
喜劇は最高の悲劇にもなる。ドン・キホーテは最高の喜劇であり、悲劇であり、生きるために必要な分だけのちょっと傲慢な夢をくれる。
 
ワンピースは感動物語が基本でちょっと喜劇。しばし読んでないから読ま見返すか……と思ったが、頑張らないと読めそうにないのでドン・キホーテ読もう。
 
マンガでもいい。 
ドン・キホーテ (まんがで読破)

ドン・キホーテ (まんがで読破)

 

 変化球でボルヘスでもいい(違う話:ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール) 

伝奇集 (岩波文庫)

伝奇集 (岩波文庫)