読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎっくり背中

setouchikurashi.jp

 某katoさんところの真似をしてみる。いえ、私のライフスタイルとしてはレアなカフェに行ったので。こんばんは。もう月曜日が終わる。今週はきっと長い。

f:id:cimacox:20160124114049j:plain

 先週の今日、塩鯖が「ぎっくり背中」になりまして、リビングで伸びているところを救急車で運搬されました。運ばれた、というより運搬されたという方が正しい運び方だった。がっちり固定され、荷物のように運ばれたんです。

 ぎっくり腰というのはメジャーだけど、ぎっくり背中はマイナーなようで、私もその日まで言葉すら知らなかったです。しかし塩鯖曰く「比にならん」辛さらしい。あの塩鯖がおとなしく入院したのだから。入院といってもすることは安静しかなく、寝返りも打てない塩鯖はまさにまな板の上の鯖でした。まぁ、2日目ぐらいから動くことができるようになり、3日目には歩行器(赤ちゃんかおじいちゃんだね)で歩けるようになり、今ではゆっくりスピードながら普通に生活できるようになりましたが。

 去年の今頃も塩鯖は入院していたので「また戻ってしまったな」「ああ、またここだ。いつだってここに戻るんだ」「寒波が来るって話だからちょうどいいじゃない」「うん、この会話自体も去年と同じだ」といった具合に、淡々と、しかし爆笑してはならない(いかんせん、背中なのでちょっとの衝撃も激痛になるそうで)暗黙のルールの元、笑ってはのたうち回る数日を過ごしました。

f:id:cimacox:20160124113308j:plain

 で、退院した日曜日。塩鯖は仕事に行きました。私が送迎で。ええ、送迎はいいけど途中がヒマですよ。というわけでカフェったのです。せとうちの暮らしを読みつつ、誰も来ないカフェでのんびり一人。この日は結局本屋で1.5時間、図書館で1.5時間、カフェで1時間と、ものすごく本欲を満たせた一日でした。

 で、こちらのお店は香川県観音寺市の銘菓「観音寺」を作っているところで、洋菓子も和菓子もあるお店です。どっちを食べてもおいしいので、こちら方面に来たら必ず寄りたいお店。コーヒーの向こうにあるのはおまけのお菓子で、ここではイートインすると必ずなにかついてくる。この日はおいものタルト。バーの形状をしていて、くりと黒豆もある。満足度の高いお菓子なのに150円。嬉しすぎて3つともお買い上げでした。ああ、完全にお店の策略に乗っている。それさえも心地よい、放置が心地よいお店です。

 で、私はどこまでも元気です。女は器量よしよりタフな方がいいんだろうね。