石鎚山に行ってきました

おはようございます。Googleフォトに対応してたんだねえ。って、1年以上前のことみたいだ。知らなかったわ。毎回写真をダウンロードしてたわ。

さて、石鎚山に行ってきました。石鎚山は人生2度目。初めての石鎚山は少年式です。

塩鯖は私の少年式の話を何度も聞いているはずなのだけど、少年式って愛媛だけの儀式みたいでね、全然ピンとこないようです。っていうか、私が「きつかった」「しんどかった」「辛かった」ということだけが残っているようです。ここで少年式についてちょっと書いておこう。

少年式とは、14歳になった少年少女を祝う儀式です。全然お祝いムードじゃありません。卒業式並みに厳粛なムードの中、君たちはもう大人なのだよ、しっかりせえよ、とやるわけです。14歳=元服ってことですね。愛媛県では少年式だけど、他県では『立志式』『立春式』と呼ばれることもあるそうです。

で、私の通っていた中学校では、少年式の一環として、石鎚山に上るわけです。上るんだよ。西日本最大の山に。

石鎚山の山頂はこんなところです。

f:id:cimacox:20170909083926j:plain

3か所の鎖を上ります(う回路あり。だが、心臓病とか身体的な理由以外は許されなかった少年式)。

f:id:cimacox:20170909083951j:plain

登山道とか詳しくはこちらにあります。
石鎚山 - 西条市ホームページ


で、二度目の石鎚山は塩鯖と。塩鯖はまだ筋肉が十分ではないので、ロープウェイ+リフト(スキー用のだけど夏でも動かしてくれるんだぜ)で成就社まで行き、帰ってきました。所要時間約3時間の旅です。

石鎚山は登山口が成就社にあります。成就社は石鎚山の神社。山頂にはまた山頂の祠がありますが、登る自信がないので今回の目的はここ。

緑が綺麗だねー。ロープウェイが思いのほか高くって、私ははしゃいでおりました。上れば上るほど涼しい。

ロープウェイから5分ほど歩くとリフトがあります。もちろん徒歩で上るコースもあります。ええ、ヘタレですからリフトです。何度も振り返る塩鯖。その様子が怖くてそわそわする私。

リフトを降りると展望台です。このとき気温19度。めちゃくちゃ涼しい。気持ちいい。この日、午前中は雨が降っていたので雲が多いですが、リフトで6分上る間に雲を何度か追い越しました。その景色がとても綺麗だったんだけど、リフトが苦手な私は数枚の写真を撮る以外リフトにしがみついていました。

さて、展望台から成就社を目指します。これは展望台から成就社へ向かう道。森林浴しまくりです。

しばらく行くと鳥居があります。ここから3つに分かれます。なだらかなう回路と、ハイキングコースと、直行の上り坂があります。私たちは直行コースを選択。

途中の木漏れ日が綺麗で写真撮ったね。で、今気づいた。成就社の写真がなかったわ。すまんすまん。ちゃんとした神社が突如現れるんですよ。

成就社の写真がないので、登山道の入り口にたたずむ塩鯖を。ここから山頂が見えましたが、この時点で、ロープウェイとリフトを使ってもはぁはぁぜぇぜぇの私たちには正気じゃねえなって思いながら見てました。

成就社にある民宿(という名の、登山の人用の宿泊施設)で食べたぜんざい。疲れてたので美味しかった。塩鯖はかけそばを食べました。半分ぐらいは私が食べました。

そして下りのロープウェイまでの帰り道、あちこちで苔を伝って水が滴ってました。これが美しい風景で。iPhoneのカメラにも慣れるべく、二人で激写。どーだ、綺麗だろう。

この帰路は、リフトで上らなかったときのう回路です。下りで約20分。けっこう急な下り坂もあり。これを上ることを考えたら、フィルとで正解だったね、と言いつつすでに膝が笑っていた私です。

そしてロープウェイにて下山。車に戻って帰り道、と思ったら、塩鯖が「こっちに行きたい」と砂利道を指すわけです。

f:id:cimacox:20170909090942j:plain

わが愛車、ラパンちゃんは狭い道もへっちゃらなので突き進む。

f:id:cimacox:20170909090946j:plain

そしたら突き当りが川でやんの!! びっくりよ!! すごく浅い所だったので、川を渡って向こう岸の工事現場(石切り?)に行くルートなんだと思う。

f:id:cimacox:20170909090949j:plain

さすがでっかい山のそば、川が綺麗だねえ。水も綺麗だねえ。ちなみに、石鎚山のある西条市は打ち抜き水で有名なところです。遠くは関西からわざわざ水を汲みに来る人もいるそうだ。

というわけで、私たちも日本一に輝いた打ち抜きを水をいただきに。

石鎚山のロープウェイ乗り場から下山すること30分で着きました。

溢れる水を空の水筒に入れて飲んでみる。美味い。でも時間をおいて飲んだほうがもっと美味かった。

しかし思いのほか疲れまして、私は帰ってからやろうと思っていたことがほぼできず、そのまま風呂入って寝ましてね。体力不足を感じずにはいられませんでした。体力つけよう。ああ、40歳。肉はつくけど体力はつかない。