生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

ああ、めんどくさい

物語を生きる―今は昔、昔は今

物語を生きる―今は昔、昔は今

 タイトルは本音です。めんどくさい、めんどくさい、めんどくさい。本当は理屈をこねくり回すとか面倒くさくてどうでもいいって思うことのほうが多いです。

 初めのほうがすごく面白い。

 読み終えることができない物語のひとつやふたつ、誰しもが持っているのではなかろうか。私はカラマーゾフの兄弟と、源氏物語だ。どこで挫折するのか、なぜ挫折するのか、っていうことを知れば、その本は完読しないままにそれなりの教訓が得られそうな気がする。カラマーゾフは決して人の名前が覚えられないから読めないのではないし、他人ごとに興味がないから読めないのでもない。きっと別の理由があるのだ、私だけの理由が、なんてことを考えた。

臨床とことば―心理学と哲学のあわいに探る臨床の知

臨床とことば―心理学と哲学のあわいに探る臨床の知

 これ面白いからゆっくり読もう。そして、私はしゃべり過ぎるから聞くようにしよう。