生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

孤独のグルメ風焼肉レポ(写真少なめ)

 おはようございます。昨日は土砂降り。対岸の岡山、広島では甚大な被害が出ており、今朝電話すると実家も畑がやられていると聞いたのだけど、香川県はけっこう大丈夫。特急が止まってるので静かな日曜日でござる。

 塩鯖はゴローが大好きで、外食、うち飯関係なく、突然ゴローごっこを始めたりする。昨日も初めて行った焼肉屋でゴローごっこしていた。本当は「ゴローの真似をする塩鯖をレポる」ほうが私は得意だが、今日は孤独のグルメ風に書いてみよう。

**

── この土砂降り、続くなあ。あ、そういえば帰り道にホルモン屋を見つけたんだった。古そうな店だったんだけど、まだ16時。……よし、腹もペコちゃんだし、今から行ってみるか。

── 昼から夜までぶっ通しで開いてる焼肉屋ってないよなあ。(いらっしゃいませ~)一人コンロ、奥に先客。なるほど、ハンパな時間に仕事が終わったオジサンが一杯やって帰るわけだ。

「ウーロン茶ください」

── 看板にホルモンと書くだけあって、潔いメニューだ。いい。店構えは古いけど、中は新しい。二代目が改装したのかもしれない。だけどこのメニュー、歴史を感じる。信頼できる証だ。

「塩タンと親鳥を塩で、あと大腸とジンギス。それにー……ご飯とキムチください」

── いいじゃない、いいじゃない。飾りっけがないのがいい。

── まずは塩からだ。この塩タンすごい厚さだなあ。網に載せても張り付かないし。(レモンを絞って食べる)すごい、ジューシー。口の中が塩タンのうま味で大洪水だ。歯ごたえもいい。塩コショウが濃いからご飯との相性も抜群だ。

── 塩タン、ご飯、キムチ、ご飯。これだけで永遠に食べ続けられそうだ。タレじゃなくて塩、オレ、大人。っておっと、タレを忘れていた。

── 次は鳥。ほう、こうきたか。うーん、いいぞいいぞ。噛み締めるたびにうま味が広がる。これは止まんないな。

── タレの焼ける匂いがオレの胃袋をダイレクトに刺激する。先にジンギス。なにこれ、このタレ。タレが美味い。甘くない、甘くないタレ、いい! 大腸、タレと絡んで最高だ。ヤバいぞ、これはご飯がススムくんだ。キムチと合わせてチョーススム。あ、ご飯なくなっちゃった。

「すみません、ご飯と上ハラミ、あとロース」

── よーし、ご飯も来たし、遠慮なく焼いちゃうぞ。んん! この上ハラミ、まるでステーキ。すごい、こんな上ハラミはじめて。リブロースとカルビのいいとこどりだ。ちまちま焼いてらんないぞ、よし、全部載せちゃおう。今、オレの胃袋は上ハラミを欲している、肉だ、肉だ!

(完食・お会計) 

── あれ? 気づいたらお店に人がいっぱいだ。まだ17時だというのに、、、さすが老舗だ。老舗には良い肉が集う。近所の人に愛される老舗。いい店に出会った。

**

www.tripadvisor.jp

 二人で動けなくなるほど食って5000円ぐらい。お食事のオンタイムなら予約しておく方が吉。

 塩鯖ともども、くすみんのフラっとQUSUMI、再生されたら負けゲーム。と思っていたら、ご自身もそう思っておられたか。

 松重さんは小食の大酒のみと、どこかのインタビューか番組で見たことがあった。だからこの番組は大変な仕事だろうと思う(これだけ食って太らないし)。だけど毎回毎回、本当に美味しそうに食うから、絶対に晩ご飯を食べながらか、満腹のときにしか見られない。