生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

ゴールデンウイークの予定と、高齢者の事故

 こんばんは。昨日は京都に行っていました。プロフィール写真なんて撮影してきたよね。もうあれよ、拒絶反応すげえ。といっても、どんだけ拒絶しようがこの面で往来を歩いているわけだ私は。諦めろ、この丸いのが私だ。

 ゴールデンウイーク。10連休もあったって困るという人が多いと聞きます。そうですよね。でも同意をとったところでゴールデンウイークは縮まりません。私のゴールデンウイークは3日間甥っ子と遊ぶ、3日間瀬戸芸に行く、に決まりました。我が家始まって以来じゃないかな、6日間連続人が泊まるのなんて。問題は甥っ子が2名来るのに布団が一組しかないということ。チビだから布団を横にして使うか。

 4月の終わりと5月の初めは瀬戸芸に終始すると思います。といっても、船に乗るのはかなり危険なので、高松エリア(港・屋島あじ竜王公園)と沙弥島ぐらいになるでしょう。あじ竜王公園、遠いな。展示1つしかないから諦めるかも。逆に沙弥島は近いのでチビーズを連れて行こう。私は小学生男子の扱い方など知らぬからな。

***

 高齢者による痛ましい事故のニュースがあった。ネットの声では「一律返納にすればよし」というのも見かけたが、予想通り非難の嵐だった。車がなければ生活がままならない人も少なくないのだ。

 といっても今住んでる骨付き鳥市や周辺地域ぐらいならば、なんとか車なしでも生活できなくはないだろうと思う。事実、姪っ子は車なしで出社している(電車+徒歩20分)。歩くのも辛い年寄りも少なくないだろうが、ならば運転なんてするなよと思う。車って体の動作は少ないけど、決して少ない動作で運転できるものではない。この辺を誤解している年寄りは多いと思う。

 でもスーパーなどの駐車場でギョッとする相手はたいていおばさんだ。一番多いのはバックで駐車しようとしているところに頭から突っ込んでくる人。「信じられない」って顔してるけど、それこっちだからね、っていつも思う。

 公道以外の場所は治外法権だと思ってるおばさんが一番怖い。