生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

みんなが傷という勲章を持っている

 おはようございます。昨日はなんだかんだと13時間寝ました。我ながらびっくりです。ぶっ通しではないですが、中年にしてはよく寝たほうじゃないかな。

 さて。

 先日ツイッターで「里親になるってことは、無料で動物がもらえるということではないんですよと、伝えても伝わらない人が何度も何度も応募してくるんでしょうね。」とツイートしたら、「なぜ単身者は不可なのか」とけっこうしつこく聞かれた。

 きっと「なぜ単身者は不可なのか」の理由を彼女は知っているはずだ。動物愛護に関心がある人ならば、たいていの人は一度は聞いたことがあると思う。単身者、高齢者の人生の波に翻弄され、持ち込まれる個体が多いためにそう規定しているところが多いことを。また単身者は留守も多いため動物の異常に気付くことが遅れ、手遅れになるケースも少なくないことも、動物を飼ったことがあれば知っているはずだ。

 しかし彼女はそうした現状を知っていてなお聞きたいことがあるから聞いているのだと思う。多分「単身」に引っかかっているのだと思う。私が「子なし夫婦」や「子供のいない女性」に反応するのと同じじゃないかと、もうこれ、全部憶測だけど、そうじゃないかなと思っている。

 だとしたら、問題は「単身不可」ではない。いくら一般的で正当な理由を聞いても納得できないだろう。

 こういうことは本当に多い。心に傷を負っていて、その傷を刺激する言葉が書かれていることに対して怒りを感じることは本当に多い。怒りでなくとも、悲しさや絶望を感じて、自分が無力な存在だと思うことの多くはこうした理由が多いのだと思う。

 これを溶かしていかないと未来はよくならないと、私は思う。

 氷河期世代に対するニュースを見ていても思う。私はそこにはまっているから特に「氷河期世代は能力がない」と言われているような気持ちになることがある。確かに私も非正規雇用の期間が長かった。けれど私の場合は最初にしこたま砕かれたおかげで、底辺出発の人並み上がりのようなところはある。けれどその人並みもいわゆる「氷河期世代にしては人並み」程度で、バブルやバブル直後組から見れば悲惨なものかもしれない。

 私の母は銀行に勤めていた。あのまま続けていればかなり良いお給料をもらえる立場になっていただろう。しかし若気の至りで(笑)ミカン農家に嫁いで今に至る。母からすれば、手堅いところに勤めあげていれば、食うには困らない生活が遅れるに違いないと思っていただろう。けれど実際娘が妙齢になる今、手堅いところに勤めていられない人も多いし、手堅いところに勤めていても先行きに不安しか感じない人も多い。

 きっと、思っていた未来とは全然違うところに今来ているのだと思う。だとしたらどうかな。私は好きなこと、楽しいことをしたいと思う。

 私たち氷河期世代は、不要なまでに自己価値に疑問を抱かされてきたところはある。けれど、そんな苦しい時代を生き抜いていて、今ここでまだ生きているんだから、強い存在なのだと思う。それぞれが強い存在。だからもっと誇りを持とう。そして不要な外からの評価を捨て去ろう。

 どこかの誰かが言ってること、ニュースが伝えること、どうでもいいなあって思う。それを思えないのは自分の傷に気づいていないから。ここ、傷があるから痛むよ、というところから始めたほうがいい人が、多いんだと思う。冒頭の単身者不可もそう。あなた(私)は傷ついていることを、まず認めたほうが楽だよと、傷つけられるのは弱いからではなくて、自分に嘘をついていないからだから、ある意味では勲章なんだよと、でもその傷をずっと大事に抱えていても前には進めないから、傷を治して前に進もうと、伝えていきたいよねえ。

 めっちゃ支離滅裂だね。そしてまだ眠いね。私何か覚醒するのかな。サイコフレーム出るようになるかな。