生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

肉食と睡魔

 おはようございます。眠い。昨日からこればっかり。

 昨日は塩鯖が早く帰ってきたので、早々と焼肉に行った。最近の我らは湯豆腐とかかけそばとか、比較的ライトミールでできていたのでたまの贅沢、みたいな。でも一般家庭よりは外食が多いことは存じ上げております。大人二人暮らしだとそんなもんです。

 塩鯖は「贅沢ご飯」というと寿司か焼肉だ。子供のころからのすりこみだろう、私はグラタンを外で食べると超贅沢してる気持ちになる。でも作ればいいからほぼ食わないんだけど。そしてまず作らないんだけど(ホワイトシチュー率の方が高い)。

 で、焼肉を食った。塩鯖は昼飯を抜いて挑んだそうだが、私はしっかり昼飯を食ってたのでそれほど食えない。ずるいよな、塩鯖。そういう予定なら教えといておくれよ。

 そういうわけで焼肉を食ったら腹が痛い。最近こう言うことが多々ある。ググる過敏性腸症候群などお腹のトラブルがいくらでも出てくるが、たぶん早食いによるものだろう。早食いすぎて空気をがっつり食ってるから空気やらガスやらでお腹がポンポコリンになって痛いんだろうと思う。なので今日から、一口20噛みを実践しようと思っております、いきなりうどんなんだけど(うどんを噛むのは難しい)。

 それとは別に、眠い。どうしたものか、眠い。夏が終わった直後の疲労感、でも涼しくなってきたからいくらでも眠れちゃうのよ、っていう時に似ている。慢性的に眠いのは、スカッと寝たほうがいいのか、それとも「眠いという錯覚」と信じてごそごそしたらいいのか、迷う。

 まったくもって平和な休日であります。