生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家二年目~

最近の癒しは釣りよか

 おはようございます。今日はポスティングに行けるぜ。

 最近の癒しは釣りよか動画を見ることです。もう友だちよりも顔見てるんじゃないかと思う。ユーチューバーってもうメディア? 娯楽? もう出来上がってるものなんだなと思う。私は主に釣りよかさんしか見ないのだけど、編集とか構成とか、ホント良くできてるねえって思います。特に、ちびっ子たちも見ていることが前提だから分かりやすいし、下品じゃないし。中学生の男の子的なところはあるけど、薄目で見たら世の芸人バラエティーって全部同じようなところがあるよね。

 youtubeアプリが中毒になりやすいっていうのもあるけど。悪魔の自動再生。

 釣りよかさんはその名の通り素人が釣りをするのが基本だが、もう釣りも料理もプロ級だなと思う。調味料が多少雑だが、家庭料理なんてそんなもんだし。そんな釣りよかさん、釣り場の波止場で猫を保護した。けっこう不細工な三毛猫だけど、人懐っこくてかわいい子だ。

 保護するにあたって、地域の方々にご意見を聞いたそう。その中で、市場のおばちゃんが「保護されるのと、波止場に住むのと、どっちが幸せなのかな」って相当悩んだと言っていた。優しい人だなと思う。住み慣れたところを離れるのは、人も動物もけっこうストレスだからな。でも、さらっと「オレ前から家猫ですけど?」みたいなヤツも中にはいるけどさ。保健所がマイホームさ! みたいな子もゼロじゃないからさ。

 それも個性なんだと思うんだけどね。保護犬だから~ペットショップだから~純血だから~って、なんで一括りにしようとしたがるのかなと思う。そりゃあ、犬だから犬だけど、犬以外の何物でもないだろう? 

 でもやっぱりね、こういう物言いがツイッターではできない。イノシシ? 早く駆除されたらいいねえ、なんてうっかり書けない。田舎では害獣以外の何物でもないが、都会では害獣ではなく(自分たちには無害の)野生のイノシシだからなあ。想像力が故障しているのかと思っていたけど、単純に自然から危機感を感じたことがないから想像力も及ばないんだろうな、と思う。

 だからといって田舎で危険な目に遭ってこいというわけではない。自分は分かってないのかもしれない、という視点も持とうぜ、という話である。