生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

風邪がしっかり悪化した母娘旅行

 こんばんは、母と娘たちの恒例旅行、今年は高知でした。高知はもちろん牧野植物園、新しい広場もできており、小さな花がたくさんあり、これから大きくなるであろう桜も、そのほかの木々も初々しく、とても良い場所になっていました。ごろんと横になっている人、ピクニックをしている人、実に様々なリラックス風景が見られました。




 個人的には植物が好きで仕方ないので、ここは極楽と思える場所なんだけど、ちびっ子たちはどうかなあって毎回思う。植物があるということは虫もいるわけで、生態系を感じられるから面白いと思うんだよね。でも私自身、植物園にはまったのは年齢を重ねてから。植物園って身近にあるようでないんだよね(今調べたら、愛媛と香川にないだけで、広島、島根には行ったことがあったわ。でもあっても行かなかっただろうな、なにせ自然の植物溢れる場所で生まれ育っているわけだから。でも、牧野さんに行って分かったのよ、手入れされた植物がどういうものか、全体をデザインした植物園がどういうものかということが。そこに感動しているわけなので、そのうち水槽系にもはまるかもしれません)。

 写真少なめ。写真撮る元気もあんまりなかったのかもしれません。でも、妹ちゃんも母も喜んでくれて、私はそれだけで十分嬉しかったです。夜は高知御苑というホテルに。ここは昔ながらの感じだけどとても頑張ってるホテルなんじゃないかな。ホテルの中にしっかりした売店もあるところで老舗っぽかったです。部屋は3人なのにかなり広々、二部屋あるけどこれぶち抜いたのかしらね、みたいな作りでした。外国人が喜びそうな装飾もいろいろあって面白かったです。お食事ももちろん良かったよ。

 牧野植物園がメインではあったけれど、塩鯖お勧めの明神丸もひっそりメインだった。私と母は味覚が似ていて、生の魚をほとんど食べない。けれどここのたたきは食べられるので、ぜひ母にもと思っていたのです。美味しく食べてくれてよかったです。
myojinmaru.jp

 で、翌日は霧の森によってお土産と昼ご飯を食べ、予定より一時間早く帰路に。私もまっすぐ帰ってきたのだけど、激烈だるい。熱を測ったら微熱状態。ううむ、これはよくないね。ということで早々に寝ることにします。

 旅行中、やっぱり親子なわけですからいろんな話をしました。その内容はまた後日。今日は関節が痛いいいい。やばいいいい。ポスティングに行って旅行に行って、決して安静にはしていなかったもんな。明日また病院行ってこよう(;´д`)トホホ