生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

帰宅してからのお仕事

 おはようございます。仕事の記録は塩鯖が付けてくれているので、私は安心してどっさり忘れます。忘れます!? まぁちょっとさかのぼってみよう。

 今の時期は、収穫を終えた木や畑の整備をしている。木を伐採したり、縮めたり。その際に出たガラを処分したりしていた。

f:id:cimacox:20210121062839j:plain

 木の枝は抱えきれないほどのサイズだったりするのでけっこう大変だ。

 その他には、松山市にある太陽市に出荷するみかんを袋詰めして出荷。3日ほどで売り切れてしまうのだけど、数量が少なかった貯蔵温州みかんは2時間ほどで売り切れたようだった。恐ろしい勢いだ。

f:id:cimacox:20210121063108j:plain

 ほかの柑橘生産地もそうだと思うが、やはり愛媛の皆さんは柑橘の味について理解があると思っている。どこで生産されている柑橘が美味しいのか、売り場で話しているのを聞いたことがある。それ以外にも、たくさんの柑橘を自由に買える環境だから、ここのが美味しいっていうマイフェイバリットもあるだろうと思う。だから産直といえど出荷には気合が入る。下手なものを出したら、一発で信頼を失ってしまうからだ。

 こういう環境にあるということが、生産者の美味しさへの追及を高めているのだと思う。やはり、自己満足で栽培しているだけでは行けない高みが見えてくるというのが、生産地・名産地の良いところでもあり、厳しいところでもあるんだと思う。

 今の時代は産直アプリやネット販売も盛んなので、それぞれが抱えている顧客の声がそれにあたるのだと思う。どれだけその声を聞けるか、拾えるか、ではあるのだけど、その中で揺らぎない芯を持つことが、生き残ってゆく道なのだと思った。

 みかんの木の伐採などについてはまた後日。今日の仕事に行ってまいります。

 あ、そうそう、マーマレードのレシピ作ったんだよ。クックパッドって写真使うんだよね。じゃあこれ組み合わせて動画にしたらいいじゃんと思って。ま、動画にする意味あんまりないんだけどね(笑)ただ、仕上がりのとろみ加減は動画の方が分かりやすいので作ってみました。

 伊予柑はまだ酸っぱいのでもう数日お待ちいただくことにはなりますが、気が向いたら作ってみてください。

youtube :
youtu.be

クックパッド :
cookpad.com