生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家二年目~

12月になりました

ぴったり10日間、更新が滞っていたわけです。おはようございます。今日は嵐の翌朝、午前中はお休みでございます。

f:id:cimacox:20211201080514j:image

更新が滞っていた10日間、毎日ではないけれど猪罠の見回りをしつつ、椎茸の成長を見守っていた。いや椎茸はおまけなんだけども、猪はなかなか捕まってくれないもの。彼らはすごく賢いからね。

椎茸は無事に幾つも収穫でき、美味しくいただきましたとさ。

f:id:cimacox:20211201080742j:image

この10日間は主に中生みかんの収穫をしていた。石地温州と久能温州である。収穫しつつ、出荷のための選果もしつつ、出荷もしつつ。

f:id:cimacox:20211201081004j:image

まだまだこれから収穫せねばならないものが山盛りなので、12月いっぱいは少々追われるペースになるのかなと思う。とはいえ、うちの倉庫には限りがあるので「もう全部取っちゃいます!」とはいかないのだけど。

f:id:cimacox:20211201081116j:image

11月の終わりには、サロマ湖から牡蠣が届いた。以前、Twitterのスペースで農家の女子会を開いたときに、一番最初にお話ししてくれた方が生産している牡蠣だ。

中四国は牡蠣の生産が多いところだと思う。広島の牡蠣は有名だし、実は香川でも牡蠣はたくさんある。牡蠣に触れることは多かったが、生の海産物があまり得意ではない私は好んで生で食すことは少なかった。

しかし、サロマ湖の牡蠣は違った。生の海産物特有の臭みがなく、牡蠣の美味しさだけが凝縮されているのだ。あまりにも美味しい。美味しすぎてたくさん食べてしまった。

【2年もの小】2キロわたゆき牡蠣生もレアも冬のサロマ湖湧別より:北海道産|食べチョク|農家・漁師の産直ネット通販 - 旬の食材を生産者直送

【2年もの小】 1キロわたゆき牡蠣むき身生もレアも 冬のサロマ湖湧別より:北海道産|食べチョク|農家・漁師の産直ネット通販 - 旬の食材を生産者直送

購入した牡蠣はこちら。本当にとても美味しいよ。むき身だから届いてすぐに食べられるし。

f:id:cimacox:20211201081801j:image

そして次に長野から届いた野沢菜と赤い大根。赤い芯の大根と、全部が真っ赤な大根との2種類。どちらも甘酢につけてピクルスにしている。歯応えがシャキシャキとしてとても美味しい。一緒に届いた野沢菜は、今回は漬物にせずに炒めたりお浸しにしたりで食べようと思う。

こちらから野沢菜を取り寄せるまで、私は野沢菜の本当の大きさを知らなかった。相当大きくて抱えるほどあるものなんだって。

私は野菜に関しては素人以下だけど、野菜なんて美味しいものは育て始めてもすぐに虫に食われてダメにしてしまうと想像がつく。そこを防除や手入れで守り切ってこんなに大きくするんだから、野菜農家さんは本当にすごい、魔法の手の持ち主だと思う。

新鮮な野菜、簡単な料理で美味しく食べられる野菜はご馳走だ。

これらの生産物たちは、時間と人の手によってこんなに立派に、そして美味しく育ったものだ。感謝の気持ちしか生まれてこない。美味しく食べます、ありがとうございました。

更新が止まっていた10日間は、主に私の気持ちの整理をしていた。

この10日間、何度も何度も「ここを離れようかな」と思っていたのだ。でも今はそれも落ち着いてきた、だから言語化できるようになってきた、というわけだ。

気持ちの問題というのは、物理的な問題よりも遥かに時間がかかるものだと思う。

感情というのは一定しない、たとえ水面に月が映る水面のような平静であっても、ちょっとしたことで嵐の火の海のように荒くうねる大波が簡単に起こる。でもそれも、やがては寄せては返す波となり、やっと我を取り戻すのだと思う。そういうことを、何度も何度も繰り返すのが人生だと思う。

感情が荒くれているときにこそ冷静になるべきだという人もいるだろうが、感情という波は押さえつければ押さえつけるほどに水面下で取り返しのつかない渦となるような気がしている。だからできるだけ湧き起こる感情そのものを押さえつけないように心がけている。これは過去からの教訓。

感情を押さえつけないといっても、なんだってダダ漏れにしていいわけではない。以前の私はここを勘違いしていて、今思えば手がつけられない大きな子供状態だったなと思う。いやはや、思い出すたびに恥ずかしい。でもその恥のおかげで今回は多少マシな形で一時的には乗り越えられたんじゃないかと思う。

実際のところ、10日間かけてようやくまともに片付いたような、でもまだグツグツと煮えるものがあるような気もする。

先にも書いた通り、気持ちの問題というのは物理的な問題よりも時間がかかるものだと思うから、とにかく今は芯となる大切な部分だけをぶらさずに、毎日一生懸命に目の前のことに取り組んで行くのみ。

頑張れることがあるっていいね。いろんな形で励ましてくださった皆さん、本当にありがとう。