読了したが、感想はあとで

さして重要でない一日 (講談社文芸文庫)

さして重要でない一日 (講談社文芸文庫)

 なんというか、一言では言い表せない短編2つだった。もうちょっと整理してから、距離を置いてから感想を書こうと思う。

 確実に言えるのは、この本は読んでよかった。いろいろと考えさせられた、なー。

 結局陳腐なものかもしれないけれど、ほら、冗談を冗談で返すと本当になるって言うじゃない。ああいう感じ。では後ほど。