生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

戯言

続:木星と土星のワークショップ(謎)

こんにちは。今日は午後からお休みなので、うとうとしたいところだけども書きたいことだけは書いていおく。かなりとりとめがないと思うので、スルーしてOKす。 一週間前に、今年を過ごす上でのヒント・成長のポイントと、自分にとって大切なことを探すワーク…

油断するとほら!!

こんばんは。私は何をしていたのだったか。前回の更新で姫小春を収穫していたんだよな。もうはるか昔のことのようだ。 最近はせとかの収穫や選別、除草剤、剪定、そして今日は今度苗木を植える畑を整地してきたよ。整地ってもちろんスコップと鍬の人力だよ。…

仕事のことと、見終わったドラマのこと

前回は肋骨にヒビが~でしたね。こんばんは。 今日は夜から格段に冷えるらしいっすね。体調には十分気を付けて過ごしたいところです。 さあ、肋骨だよ。肋骨のヒビが分かってから、塩鯖とちょっと控えめな仕事量で、ぼちぼちゆるゆるペースで仕事をすること…

疲労骨折とスシロー

こんにちは。今日は早々に更新しておきます。なぜなら、寝るかもしれないから!!(船酔いの後は決まってひどく疲れる私)。 今日は塩鯖を病院に連れてゆきました。石垣をやってからというもの、咳をしても一人(正岡子規)、じゃなくて咳をしても痛いという…

石垣完成の動画と森さんのこと

こんばんは。石垣が完成したので、動画を作りました。石垣、頑張りましたとも。www.youtube.com で、今日はね、切り株を掘り起こしてた。 ここは新たに作る畑で、古い切り株がいくつもあったのよね。うん、20個ぐらいかな……。最初はなぜか生えてたアボカドの…

”差別”に敏感すぎる時代

森さんの発言。まさかイギリスやフランスまで反応するとは思っていなくて、個人的には「またこのおじさん、言っちゃったなあ」ぐらいにしか思っていなかった。でも、まさかねえ。 男女雇用機会均等法は1985年に制定され、1986年施行された。私が社会人になっ…

(仮)つまるところ、あらゆる基準は自分なのだ

正体不明のかゆかゆに見舞われております。こんにちは。目の周りがかゆい。かゆい地獄って痛い地獄よりある意味地獄だと思う。でも痛い地獄も、痛さの限界突破までは辛すぎるから、この程度ならかゆい地獄の方がいい。いやなんの話だ。 今日は午後からお休み…

何度も読み返してるやつ

twicomi.com これ、すごく分かりやすかった。だからメモ。

コンクリートとセメントとモルタルと

こんにちは。昨日・今日と畑整備をしていました。今日の午後は雨だったんでお休みですがね、明日は朝から石垣ると思います。 石垣る、もう動詞を作ってもいいぐらい石垣ってると思うわ。 まず、一段のブロックをね、二段にしたよ。接着はモルタルを使う。こ…

嵐のような三日間でした

こんにちは。金曜日から雨が降り、室内での仕事をしていたこの週末。といっても、私たちは結構時間に余裕がある。 まずJA出荷について少し書こう。うちはJAに出荷している。JAは組合員で成り立っている大規模な仲介業者みたいなもんだと思っている。協同組合…

帰宅してからのお仕事

おはようございます。仕事の記録は塩鯖が付けてくれているので、私は安心してどっさり忘れます。忘れます!? まぁちょっとさかのぼってみよう。 今の時期は、収穫を終えた木や畑の整備をしている。木を伐採したり、縮めたり。その際に出たガラを処分したり…

あっ、一週間近く経ってた

こんばんは。今日もみかんの木の伐採と更地仕事をしたのでとても疲れています。これ書いたら寝ます。うぐうう、20時には寝たかった(早すぎて早起きするパターン)。 週末、香川に帰ってきた。塩鯖の病院もかねての帰省だ。でも今回は2泊3日でゆっくりしてき…

伊予柑畑を更地にして、アメリカセンダン草と戦ってきた

こんばんは。昨日はへとへともへとへとで、立つのも起き上がるのも億劫なほどだった。その理由はタイトル。伊予柑の畑を更地にしてきたのです。 この伊予柑の畑、とっても狭い石垣の隙間みたいなところを上った先にある場所で、この道のりが本当に嫌いだった…

(仮)土星と木星のワークショップに参加したお話

今日はアウトプットが多い。というか、私はアウトプットして初めてまともに「頭の中が整理」されるタイプだ。だから無駄に書き散らすことがある(だからこそ、プロフィールに「読み飛ばしても大丈夫」と書いている。これは本気でそう思ってるのよ)。 木星と…

キャパオーバー気味

おはようございます。パラサイトの感想文書いて、ホッとしています。やりたいことが溜まってくると、簡単にキャパオーバーになってしまうキャパの狭い女です。 最近のみかんの仕事。 収穫を終えた畑の整備がメイン。畑近くの雑木林を伐採して除草剤を塗った…

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族(字幕版)発売日: 2020/05/29メディア: Prime Video 先日、感受性だの五感だのを磨かないと腐れるぞと書いておきながら、久しぶりの映画。話題になった時から見たいなあと思っていたけど、思いのほか金曜ロードショーに出るのが早かっ…

感受性と五感を磨く

おはようございます。今朝のフルーツは紅まどんなと西の香。味だけでいえば、圧倒的に西の香の方が美味しい。糖度も高いし、濃厚だし、果汁が多い。でも、紅まどんなにはゼリー食感という特徴がある。そしてなにより、知名度の高さという、美味しさとは関係…

石垣を修繕したよ

寒波到来に備えて大慌てで仕事を片付けたら、前日の今日は手が空いたので父と塩鯖と私の3人で石垣の修繕をした。写真がイマイチで申し訳ない。 塩鯖が頑張った石垣。私はこんな風にきれいにできない。幼い頃から積み木やレゴは下手だったと思う。 父が頑張…

凸凹な二人

おはようございます。今年は写真を多めに投稿したいなと思ってる。 今度の木曜日から恐ろしいほどの寒波が来る。ということで、寒波対策に走り回っている。まずは不知火の袋掛け。不知火の生まれた場所では冬が寒いそうで、早めに収穫して貯蔵する方法がとら…

ジョジョについて

おはようございます。出勤までに書ききれるのか。 id:t_kato さんがコメントにこう書いてくださった。 JoJoは初めて読んだ時に、本当に驚きました。少年誌にあんな濃い絵と話が載るなんて。テンポというか勢いで進む漫画だらけのなかで、ディオ少年が馬車か…

年始のご挨拶

昨年は多大なご愛顧をありがとうございました。なんだかんだと続けてきたこのブログ、私の中では確固とした居場所となっています。それもこれも、少数精鋭の読者の皆様のおかげです。 2020年は、当たり前と思っていたことがことごとく覆され、当たり前って何…

年の瀬2020

こんにちは。今日はずっとパソコンに張り付いています。昼ご飯は上等なすき焼きでした。もう年ですね、肉があんまり食えない。 さて、みなさん岸辺露伴は動かないをご覧になりましたか? 私は録画で見ました。だって夜は寝ちゃうからね。たぶん今日も21時ご…

結局、雑多に書きなぐることになった

メリークリスマス。風呂の栓を忘れました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル チビちゃんがやっちまう、お手伝いミスNo.3ぐらいに入る奴ですね。ああ、湯がもったいない。 さてタイトルの話。一昨日、私は早い時間にぽっくり寝てしまってたんですけど、テレビで犬のし…

YAZAWAスピリット

連投、そしてメモ書き程度の記事ですまぬ。「俺はいいけどYAZAWAがなんて言うかな?」 これは矢沢永吉さんの名言。私はさほどYAZAWAファンではない。というか、ファンではない。でもこの台詞はカッコイイと思った。 勝手な想像だけど、矢沢永吉さんとはいえ…

今年よく聞いた言葉

こんばんは。星のブログを書く前に、ここでグダグダしていくのが定番になっています。なんたって、パソコンの前に座らなくなったからね。ははは。夜はこたつで寝転んでぐったりしていることが多いのです。 というのもね、本当に、本気で、いつだって、この仕…

11月が終わりますね

月報ですかこれは。こんばんは。明日は満月で、今日の朝早く、っていうか夜中に火球が落ちてきたらしいですよ。 私はというと、みかん農家の繁忙期に突入しています。ええ、収穫です。収穫はとても忙しい。というわけでもないので、単にここの更新はサボって…

自立するために帰ってきたんだって話

前回の記事はこちら。このお話の中の、母親に猫を飼いたいと伝えたところが今回のメイン。cimacox.hatenablog.com 門前払いがどういうものかというと、「はぁ? 猫? 聞いてない、今は無理」で、ばっさり終わりだった。実家には使っていない祖母の離れがある…

運命の猫のことを少し(続きは別記事)

またもやすごく間が空きました。忙しかったんです。主に猫のことで。 4月、この島に引っ越してきた日に、部屋に黒猫が入っていたことがありました。ガサガサ音がするから恐る恐る行ったら猫だったんですよね。たぶんその猫が、今回のお話の主役です。 私が…

10月になりました

中秋の名月ですなぁ。波の音とともにどうぞー。 pic.twitter.com/JbnNcOLXMn— ふるのさん@愛媛のみかん農家 (@furuno_san) October 1, 2020 中秋の名月をどうぞ~私はこの日、20時に寝たよ。こんばんは。いつも早く寝ています。今日だって本当はもう寝たい。…

祖母が旅立ちました

こんばんは。9/16の夕方、98歳になったばかりの祖母が旅立ちました。両親に見守られ、最後の息を引き取る時も一緒に過ごすことができました。コロナの影響で特別養護老人ホームに入っていた祖母には会えず、容体が悪化して入院してからも会うことは許されな…