生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

映画館でナウシカを見てきたよ(その他香港とかコロナ)

風の谷のナウシカ [DVD]

風の谷のナウシカ [DVD]

  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: DVD
 まったく、日本の宝だね。

 ナウシカ金曜ロードショーでしか見たことがなかった。映画を借りたこともなかった。ビデオに録画してセリフを覚えるほど見ていたからだ。

 あの年代には、初代ガンダムやAKIRAなどの色褪せない作品が多いけれど、私はやっぱりナウシカが一番好きだ。それは、今の今まで「分からなかったから」かもしれない。

 映画館でナウシカを見て、家に帰ってナウシカ原作を読み返した。そして生まれて初めて、この作品の全容が分かった気がした。

 私は水戸黄門があまり好きではない。スーパーマンスパイダーマンも好きではない。勧善懲悪の物語は、なにか大事なものが抜け落ちているようで好きではないのだ。

 でも私自身、物語とは勧善懲悪であってほしいと心から願っていたんだと思う。私にとって勧善懲悪はファンタジー、現実は分かりにくくて複雑で混とんとしているから、せめて物語の中だけはそうあってほしいと願っていたのかもしれない。ともかく、私は現実で善と悪を望んでいたんだと思う。だけど叶わないから物語にそれを投影した(期待した)。でも期待通りだとつまらないと思っていた、ということだ。

 ナウシカの原作が分かったと思った瞬間から、この世界で起こっている現実のあれこれがとてもシンプルに思えた。すごく単純な欲求が数多あるから複雑に見えるだけで、たぶんそれほど複雑でもないし、難しくもないし、理解できないほど崇高でもない。

 原作のナウシカの中で、ナムリスの言葉が好きで何度か読み返した。ナムリスはナウシカを偽善者だとは言わなかった。偽善者とは、偽善を働いていることを知っていて振りかざす者を言うのだと思う。だとしたら、ナウシカは偽善者ではない、どちらかというと狂人だ。

 誰かから見た誰か、誰かから見た世界、このすべてが不調和なく描かれているのが原作だと思う。それって相当にすごいことだ。


 映画版のナウシカは映画版のナウシカで、とても良い話だと思う。だけどやっぱり私は原作の方が好きだ。残酷で、グロテスクで、救いがない。だからこそ、光がとてつもなく強くて、生命は恐ろしいほど力強い。

 希望の光とは、きっと形のないものなんだと思う。ナウシカたちが憧れていた、清浄の地。それは誰も見たことがなくて、誰の心にもある。そこを目指すことが「光」なのだとしたら、墓地の崇高な過去の亡霊は、人類の両親が生み出した呪いでしかない。なんて壮大で、尊いお話なんだ。

 でも、そもそも人は闇なんじゃないかと思った。人として生まれてきたことが業というのは、仏教かなんかで見た。闇の中で清浄の地を目指して生きること、それが光だとしたら、私たちは常に闇の中にいる。だから闇を隠す必要なんてないと思った。劣等感も、意地汚さも、無知さも、誰もが持っている。その中で、時にはダークサイドに落ちながらも、やっぱり清浄の地はあるんじゃないかと信じようとすることそのものが光ならば、誰もが光り輝いている。

 絶望という闇の中でも、生命を肯定することが、光を生むのだと思う。

 そういうことを考えていたら、塩鯖が私のことを「すごく優しい」と評する理由が分かった。塩鯖の闇はとても深くて狭くて真っ暗だ。そこから見れば、私のぼんやりとして無限にも思える闇の海は広くて明るくて慈悲深く見えるだろう。

 分かりやすく言うと、私は自分に甘いから人にも甘いってことですわ。たぶんね。

 農業を始めて良かったなあと思うことのひとつには、私はなんてちっぽけな自然の一部なんだと思えることだ。みかん農家ができることなんて、みかんの木を守って育てるという、ほんの少しのことだけだ。ほとんどは天気と四季がみかんを育ててくれる。もっと言えば、虫や細菌がいてこそ植物が育ち、雑草ひとつだって時に木を守る。人ができることなんてちっぽけだ。

 でも、そんなちっぽけな仕事が、人間にとっては膨大な時間で、膨大な手間で、私は今、それをとても充実した時間だと感じている。

 人間の時間と、自然の時間は、いつからこんなにかけ離れてしまったのだろうか。いいや、違うな。人間という生き物は、自然から見れば一時の生物に過ぎないってことなんだな。だから、とてもおおらかな気持ちになれるんだわ。

 香港のニュースを見るたびに、複雑な気持ちになる。人権となはんだろうかと考える。今の時点では、人権とは国によって扱いも考え方も違うものだ。例えばインドのカースト制度を他国が「それは人道的にどうかしら」と言ったとしても、インドという国はそういう仕組みでできているんだから他国は口出ししかできない。その国の中で、国民の力によってのみ変えられるものだ。

 だけど香港は中国でありながら中国ではなかった。この歴史のいたずらみたいなことによって、今の香港は世界中に「人権とはなんだ」と問いかけているように思う。

 しかしだ。

 中国の貧しい地域の人たちは、それとは関係なく常に楽とは言い難い暮らしをしている。香港がどうなろうと、この人たちにとってはまるで関係のない話なのだ。このギャップがとても私を不安にする。

 それはコロナの感染者のニュースを見るたびに感じる違和感と似ている。東京は日本であって日本でないのかもしれないとさえ思う。日曜討論では「とにかく経済を回そう」という話をしていたけれど、個人的には人命よりも経済を優先しているように感じた。

 でもな、その経済を回す回さないの話も、東京のことなんだよな。地方はほぼほぼ関係ない。この人たちは、何の話をしているのだろうかと思いながら聞いていたよ。

 ああ、こういうスタンスが香港と中国本土との乖離(中国本土と世界との乖離ともいえるのか?)と似ているのかもしれない。もちろん、中国本土のことなんて全く分からない。だから中国の人たちがどう考えているかなんて知る由もないけれど、今世界は大きなうねりの中にいるんだなあと思う。

 言いたいことが言える、というだけでは、自由だ平等だとは言えない。相手の話をリスペクトをもって聞くことができて、違いがあったとしてもそれを認めたうえで、本当に選びたい道を選べるようになって、本当の自由と平等の時代が来るんじゃないかな。そしてそれは、けっこう近い未来じゃないかと思う。

WindowsEdgeの押しが強い&自分がクレーマーだった話

 おはようございます。いつの間にかWindowEdgeが更新されていたようで、使え使えと前面に表示されます。だから使ってみてる。私はGoogleばかり使っていたので、Googleのアカウント情報も同期させてみたら、かなり普通に使える。まぁこれでもいいかっていう感じ。というか、主軸で使うアカウントは何かさえ決まっていれば、ブラウザはなんでもいいのかもね。

 さて。

 今日は九州地方が大雨で、特別警報が出ているそうだ。どうかみなさん無事でいてほしい。愛媛は地域によってはすごく雨が降るけれど、瀬戸内側はあんまり雨が降らない。今日だってしとしと降ってはいるけれど、土砂崩れになるほどではない。南予のほうなんて水に浸かってるんじゃないかってぐらい降ってるのにね。このおかげでみかんが美味しくできるのだからありがたいけれど、超絶水不足とかマジで泣けるから、今年は適度に雨が降ってほしい。

 超絶水不足になると、みかんの木は枯れ始める。当たり前だ。でも木なのだよ。その辺に生えてる雑草や、鉢植えの植物とは違う。木は少々の干ばつなら耐えるのだけど、こちらの干ばつはガチなのだ。でも、雨や土砂に様々が流されて生活が立ち行かなる人たちを見ていると、雨が少なくて青ざめているときでさえ「雨降ってください」と言いづらくなる。でもな、生活が貧窮することに変わりはないのだ。だから言ってもいいんじゃんと思うんだけどね。

 今年の夏はどうなるんだろうか。祈るしかない。

 さて。

 最近ずっと氷河期のことを考えていた。あの悪夢のような1990年代後半から2000年初頭のころだ。そこでふと思った。氷河期ってまだ続いてるんじゃないかって。だって私、なんとか就職したものの、ずっとずっと「いつかは切られるんじゃないか」って心配だったもの。

 IT業界は早い段階で個人経営化が始まっていて、数十人規模のプロジェクトの中に数人は個人経営のSEがいた。その人たちが順風満帆かというと、決してそうではなかった。だから、会社に雇われているからしんどい、わけではないってことだ。

 IT業界にいたころの動かしようのない悩みのひとつは「クライアントに振り回されるのが辛い」というものだった。それは相手がIT音痴だからとか、傍若無人だからではない。究極を言えば、ニーズが的を絞り切れていないから振り回されてヘトヘトになって、大半の人が鬱を経験して、現場が万年人不足で、みんなデスノートを探しているような状態だった。

 そのニーズとは何ぞやっていうと、客だよ。ユーザーだよ。サービスを受ける側の我々一般人だよ。

 私なんかは国の仕事が多かったから、国の方針が云々はあったけれど、もっと突き詰めれば国民が何を求めているかってことなんだよね。だから結局、我々一般人の総意がシステムなんだよ。

 欲しいものが何かも分からず、出されたものに全部文句をつけて、ダメだダメだと言われ続ける。そりゃ国自体が病みますわ。

 ということを考えたらね、私自身も「これが欲しい」って言うものが決まってないなと思ったんです。決めてないのに「隣の芝生が青いから欲しい」とか「でもやっぱ思ってたんと違うから変えて」とか「私の欲しいものを出してくるのが仕事でしょう!!」って、相当なクレーマーじゃないですかね。マジで相手したくないよね。

 たぶんさ、めんどくさく考えすぎなんだよね。塩鯖を見てたらよくわかるよ。あいつ超絶シンプルなんですよ。「人の役に立ちたいから一生懸命にやる」っていうのが彼のスタンスなんだけども、そこで変に「今日はボク気分じゃありません」とか絶対に言わない。どんな状況でも仕事があれば全力投球する。本当に感心するぐらいやるのだよ。

 なぜそんなになれるのかって聞いたら、なぜめんどくさく考えるのかって返ってくる。だからちょっと考えてみた。なんで面倒くさく考えるんだろう私って。そしたらね、恐ろしいことに気づいたよ。

 私、自分優先してもらいたいんだ。それが「優しくしてもらうこと」であって「居場所を用意してもらうこと」で、大事にされていることだと信じてるんだ。

 怖いよねえ、怖い怖い。お前何歳だよって言いたくなるね。でも、そう思ってるんだよ。あれだけ長い間「居場所」がない状態で我慢して、頑張ってきたんだから、ここでは居場所ぐらい用意しててほしいって思ってるんだって。

 我慢や頑張りが100%自分の思い通りの結果に繋がっているとは限らない。そんなことは分かっているから、力づくで「思い通りにしてやろう」としているってことなんだわ。

 そりゃ相当なクレーマーになるわね。たぶんクレーマーの心理と同じなんじゃないかな(「俺様を尊べ!俺様の言うことを聞け!俺様を崇め奉れ!!」ってことだもん)。

 自分が何を求めているか、そんな簡単なことほど、隠したいものとか、避けて通りたいもの(あるいは打算とか下心)があると、見えないんだと思う。決して知識不足とか、頭が悪いとか、関係ないんだ。

 でも私は知ることが好きなので、これ(京都大学人社未来形発信ユニット)は見たいと思っているけど。知ったかぶりするためじゃなくて、吸収して自分の経験と結び付けて、ちゃんと言語化できる人になりたいんだよね。

 まぁ、いつもながら塩鯖を褒めてはいますけど、塩鯖からすれば私の方が純粋なのだそうだ。俺は真っ黒だよw といつも言う。それはな、たぶん、私が悪知恵すら働かないアホなんだと思いますよ。でもそれで良かったと思うよ。これで私も悪知恵が働くタイプなら、毎日が葛藤と悶絶で憤死してるかもしんないからな。

いろいろやべーよね

 もう二週間たってるよ。マジか。誕生日もぶっ飛ばしてたよ。

 いろいろあったんだけど、いろいろ解決したこともあって、今日は軽トラの練習をしていたよ。一応乗れるんだよ、もたもたするけど。ここが車密集地帯じゃなくて良かった(そもそも人も密集しようがない人口だ)。

 この方の一連のツイート、私のモヤモヤを払しょくしてくれた。本当に素晴らしい文章力です。ありがとうございます。

 あ、そうそう、いろいろあって、中島で活動しているNPO法人の農音さんとつながった。そしてイノシシ肉をもらった。いつ食べてやろうか楽しみで仕方ない。うしししし、イノシシは大好物なのだ。

noon-nakajima.com

 私はというと、甘ちゃんが抜けきらずにいるところもあり、でも自分的には結構大人になってきた面もあり(と思いたい)、日々成長しております。

 今になって思うのは、たぶん都会で会社員しようと、成長することはできたんだよね。むしろそっちの方がイージーモードだったんじゃないかと思う。だけど私はあえてここを選んだ。それに意味があると思う。

 農業は半端な気持ちじゃできないと聞く。いや、どんな仕事でも、人としての成長をしようと思えば半端な気持ちじゃできないよ。キツイこと書くと、半端な気持ちで座ってるから成長しないんだよ(過去の自分がぎゃふんと言う)。

 私自身、ここに来るにあたって覚悟ができていたかと問われたら甚だ疑問だ。だけどここに来て農業を始めた後で、ずしんと来るほど覚悟は決まった。というか、後悔という道をないものにした。要するに、ここで生きると決めたんだ。

 でも私はまぁまぁナマケモノなので、働き者の塩鯖がいてくれて本当にありがたい、嬉しい、良かった。あいつ、何時に起きようと6時半過ぎには仕事に行こうとするんだぜ。私だったら、6時に起きちゃったから今日は7時から仕事でいいやーと思っちゃうところだよ。

 一人で戻ってくるんじゃなくて、二人でここに来たことに、意味があるんだなーと思いましたとさ。明日は法事。