生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

光回線と引っ越し片付けと、緊急事態。

生きることは、自分の物語をつくることだ。
だから記す、取るに足らない、かけがえのない日々を。
光回線と引越し片付けと、緊急事態。 - 日々のじだんだ - Radiotalk(ラジオトーク)

 こんにちは、今日は洗濯機の取り付けやら、光回線の開通やら、水漏れ箇所の整備やらで片づけが進んだような、進んでないような1日。服は絶望しながらなんとか片付きつつある、と思いたい。

f:id:cimacox:20200407072648j:plain

 ツイッターで服の整理が苦手だとつぶやいたら、吊るせばいいというアドバイスをいただいた。そうだ、独り暮らしのころは下着とババシャツ、ハンカチ以外は吊るしていた。今もそうすればいいのだ! とひらめいた気持ちになったが、山に着て行く作業着があるのだ。こいつらはどうしたらいいのだ。吊るすのか、かさばるこいつを吊るすのか? 

 一応前職はオシャレな洋服屋さんで働いていたので、セットアップの吊るし方などは見て覚えている。だけども、あれはハンガーが山盛りある人向けだよ……。うちもハンガーは山盛りあったように思っていたのだが、1/3はクリーニング店のプラハンガーだったのだ。あれを全て返却した今、アクティブなハンガーはそれほど多くもない……。そもそも、スーツやら礼服やらがでかいのだ。奴らを別に保管する方法がないものだろうか。

 まぁ、考えも仕方ないことは考えない。ハンガーで吊るすか、なぜか家中にあるひっかけ釘に服をひっかけてしまうかだ。

 それでも片付かないものはある。靴下、下着、ハンカチ、タオル、パジャマ。このうち、下着は所定の場所に入れておかねば塩鯖が真っ裸でパンツを探すことになるため、脱衣所に所定の場所を作った。タオルも同じ場所に置くことにした。まだタオル類は発掘される可能性が否めないが、まだ余力はある。

 私だけのものならば、最悪捨てればいいと思うんだ。だって入らない服もまだあるし(捨てますとも)。しかしあまりに捨てすぎると、作業服以外の服がなくなる。と、ここまで書いて、なんか服に対して間違った認識でいるような気がしてきた。服って消耗品だよね。なぜ私は10年以上前の服を後生大事に持っているんだろう……。パンツも限界まではこうとするんだろう……。

 たぶん相当疲れているんだと思う。1日ぐらい休んでもいいんじゃないかという気がしてきた。

 話は変わって、世は緊急事態である。個人的には、1月の時点でWHOはパンデミックを発令してもよかったし、日本も2月の時点で緊急事態と言ってもよかったと思う。パンデミックや緊急事態という言葉を受けてパニックを避けた方向もあるのだろうけど、どのみちパニックになって買い占めに走っている人たちは存在する。

 テレビを見ているとそんなことを思うが、ネットを見ると少し違う。こんな状況だからこそ、それぞれに自宅でできる日常の楽しみ方や、手作りのあれこれなどがたくさん並んでいる。慌ててスーパーに行くのは最も危険だからみんな落ち着いて行動しようという趣旨をあちこちで見かける。

 いろんな人がいる。慌てる人もいて、慌てない人もいて、たぶん大半の人間は生き残る。

 インフルエンザも毎年かなりの数の人が罹患する。予防接種をしたからといって罹患しないわけでもない。そして毎年亡くなる人がいる。だけどそれほど怖がられないウイルスとなった。新型コロナウイルスもきっとそういう道をたどるんじゃないかと思う。だからアフターコロナはなくて、withコロナの世界になるんだろう。

 インフルエンザと違うのは、このウイルスをきっかけに世界が「もう戻れない」場所に来たということだと思う。外出時にマスクをする人は増える。公共の場には消毒が置かれるようになる(今でもあったけど、もっと増える)。学校に行かない子供も増えるかもしれない。会社員も減るかもしれない。

 なにより「違う」のは、個人の判断の範囲の広さだ。国にお伺いを立てたところで、法律に違反していなければなんだっていいんだ、この国は。それは良くもあり、悪くもある。そういう意味で、日本はとても自由だと思う。法律より、政治家より、自由を奪っているのはごくごく一般的な「私たち」だ。そのことを今一度頭に叩き込んでおきたい。

 愛媛県で初めての感染者の方は、その町に住めなくなってしまったと聞いた。あくまで噂話だけども、でもあの小さな町で、勤め先の名前まで出てしまったら、どこの誰だか特定されてしまう。まるで悪者のような扱いだ。事実、そんな小さな過疎地にウイルスを持ち込んだことは軽率だったと言わざるを得ない。だけど追放されるほどのことだろうか。

 彼女を追放したのは法律でも政治家でも国でもない。ごくごく一般的な「私たち」だ。

怒涛の4月が始まっている

 こんにちは。今日は引っ越しの荷入れの日。午前中の1.5時間ぐらいで荷物の搬入が終わりました。決して少なくない荷物量、サカイ引越センターさんのSLタイプ(9畳程度の広さ)パンパンの量だった。もう本当にすごいびっくりサイズだからぜひ見てほしい。

www.hikkoshi-sakai.co.jp

 バイクも植物も全部持ってきたからなあ……。値段は高かったけど、量が量だし、場所が場所だし(高速道路とフェリーの合わせ技)、それを考えると十分すぎるぐらいのお仕事をしてくださった。ベッドも組み立てて設置してくれた。おかげで今日はここで眠れそうだ。

 というわけで、今、荷物を開けている。

 時を戻そう(ぺこぱ)。

 昨日の話だ。昨日はお昼前に香川県を旅立ち、14時ごろに島についた。母も市役所に用事があるということで迎えに来てくれていた。まず最初に転入の手続きをと市役所(出張所がある)に行った。そこでまさかの2時間ロス。転入が少ない上にマイナンバーカードを持っている人も少ないので、手続きがマニュアルを見ながらののんびりペースだったのだ。いや、本人たちはのんびりではない。それはよくわかっている。けれど昔の職場を思い出し、担当よ、もうちょっと練習させてやっておけよと思った。

 というわけで、16時ごろに手続きが終わり、引っ越し先に到着。改めて室内を点検し、必要であれば掃除をしようと室内に入った。

 私が引っ越した場所は移住者用の住居のため、管理は松山市が行っている。だからだろうか、ホームクリーニングが入っていない。全体が埃っぽいし、コンロはつい最近まで使ってただろう(しかも掃除なんてすることもなく)というありさまだし、水回りは怪しい感じだし、古い建物らしく害虫の形跡も多々見受けられた。ああ、敷金や礼金って必要なんだなあって思った。やや絶望するぐらいの汚さだ。

 そんな状態だったので、昨日はせっせと掃除していた。母が様子を見て、あまりの埃っぽさに掃除機や掃除道具を持ってきてくれて、なんとか全部の部屋の床、畳、押入れを拭き上げることができた。それだけで昨日の3時間は終わり。

 そして今日、荷物を入れて掃除道具もそろったので、トイレと風呂の掃除をした。徹底的にあらゆる箇所をカビキラーやハイターで漂白し、磨き上げた。よしよし、これで今日はここで風呂に入れる。トイレも使える。

 そして当面使いそうなものをとパソコンを設置し(インターネットの設置は明日、今日はスマホのペアリングで接続している)、動作確認をした。あと、さっさと開けておいた方がいい食品類を所定の場所に入れた。日中、家の前がとても日当たりが良かったので布団も干した。

 さて、さてだ。

 とりあえずこれだけあれば、私は暮らせてしまえそうな気がしている。いや、でも本当はそんなことはない、開けねばならない段ボールはまだまだあるはずだ。だけどどうしても開けたくない。もう開けたくない。もうこのままブラックホールにでも放り込んでやりたい。それぐらいやる気が起きていない。困ったな。

 まぁ、ちょっと休めばきっとやる気が戻ってくるだろう。これを書き終えたら、ちょっと海にでも行って(道を渡れば海なのだ。でも、珍しく海の工事をしているのでけっこううるさい)、ぼーっとして戻ってこよう。

 とりあえず、餅はあるので朝は餅を焼けばよいが、晩ご飯はちょっとマシなものを食べたいので実家に帰る。ついでにスーツケースも運んでもらおう。コーヒーフィルターがないのでもらってこよう。ああ、それならばコーヒーメーカーを発掘しなければ。そう、そうやって使うものから開封されてゆくだろう。だとしたら、片付くのはいつになるのかな……。

 とりあえず、そんな感じです。

混乱した3月が終わる

 おはようございます。先日バイトを終えて本格的に片付けに着手しました。備蓄が謳われるけれども、引っ越しとなると備蓄らしい備蓄はできず。かといって引っ越し先は超絶不便なところなので持ってゆきたい掃除道具や買い置きの日用品などは持っていかねばならず、非常にややこしい日々を送っています。

 ぶっちゃけ、今の時期に引っ越しとかどうなのよ、とも思います。つい今朝のこと、香川県でも新たな感染者が発表されました。四国は関西地域から持ち込むことが多いみたいね。それも仕方ないかなとは思います。だって一番近くの都会が関西地域だもの。

 私は関西地域にも行かないし、関西地域から来た人とも接触していないけれども、でも無自覚感染者ではない保証はないので、心境的にはとても複雑です。なんせ6割は高齢者の島だよ。どうしよう。

 なんてことを思っていたら、妹ちゃん曰く「学校が休みになってチビたちが手に負えない親のうち、いくらかは島に送っているらしい」と聞きました。まぁね、愛媛も香川と似たような感じで、広く蔓延している可能性はどうかなーってところだけどね、だからって安心してジジババに預けていいもんでもないと思うんだけどね。

 今の私は何を言っても天に唾を吐く状態なので、うううううーむ、と思っています。

 そんな状態でも私たち夫婦が安穏としていられるのは、引っ越し先に仕事があるからに他ならない。もし今、当てもなく失業者だったらかなり絶望すると思う。でもコロナの影響で失業して先行きが経たない人も多いだろうと思う。本当にもう「頑張ってください」としか言いようがない。今の状況は、誰も誰のことを助けられない。接触しないように気を付けながら、声を掛け合うことしかできない。

 こんな時代を生きることになるなんて、想像もしていなかった。

 就職氷河期もITバブル崩壊も辛い経験だったけれど、正直に言って「社会は私たちの辛さを助けてくれない」と思わざるを得ないほど、厄介者扱いされた気さえしていた。でも、今こうして全世界が閉ざされ、経済が止まりかけている今、受け取りようによっては「全員が厄介者」だし「全員が被害者」だし「全員が不幸」だ。そうなると、一個人の不幸など埋もれて見えなくなって当然のようにも思う。そうなると、どう転んでも自分の不幸(痛み)なんてな、とうい気持ちにもなる。

 けれどきっとこういう考え方自体が「違う」んだ。誰かに「それは仕方がなかったね」と認めてもらいたいわけではない。世界一不幸になりたいわけでもない。誰もが等しく痛みを抱えていて、それでも明日も生きようとしている。それが全てだ。特別な痛みだから特別に不幸、だったとしても、それは人生を放棄する理由にも、誰かのせいにして逃げる理由にもならない。

 これは、日本が頼りない国だから自分で生活を守れっていう意味ではない(他国が羨ましいって部分はあるけど)。自分の人生だから、自分で責任をもって、自分を幸せにしような、っていう話。そうしないと、自分が守りたい人さえも守れない。

 この世で一番後悔したことは、守りたかった人を守れなかったこと。だから、今度はやれる限りやりたいんだ。

 深作欣二監督の「復活の日」を見た(Amazonプライムありがたい)。生物兵器によって地球上の人が死んでしまったら、という設定はSFの中では定石かもしれないが、こうして世界が閉鎖されてゆく中で見るとすごみがあった。

 それ以上に、深作欣二監督の映像に心がよみがえるような気がした。人の激しさ、美しさを描き出す天才だなあと改めて思う。

 今日は塩鯖の免許交付の日。人混みには行きたくないが、こればっかりは人が集まる場所に行かねばならない。マスクと手洗いは必須だけど、念のためにニトリル手袋もしておいた方がいいかなあ(よりによって青色しか手元にないという)。かなり異様だけどね。でも、免許センターって普段は県外にいる人も来るところだから、できるだけしっかり予防したい。

 志村けんさんの訃報を車の中で聞いた。あっという間の出来事で、とても心が追い付かない。志村さん、子供のころからたくさん笑わせてくれてありがとうございました。大人になってからも人としてありたい姿を見せてくださってありがとうございました。冥福を祈ります。