生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

天からのギフト

 先ほど、サンドイッチマンのプロフェッショナル仕事の流儀を見た。再放送なので2回目。

 この放送の中で、サンドイッチマンのすごさを「天からのギフトってことですか?」とスタッフさんが言った時、コメントしていた坂上忍さんは「どうでしょうね、好感度が高いってことはそれだけ大変さもついてくるから、ギフトとは言い切れないのではないか」みたいなことを言っていた。

 確かにそうだと思う。でも、それをギフトにするかどうかはサンドイッチマンが決めることなのだと思う。選ばれる人には、選ばれるだけの理由があり、同時に選ばれた苦労もある。

 昨日の夜、珍しく母が自分の生い立ちを話した。塩鯖がいたからだと思う。私は細切れに聞いたことはあったけれど、まとめて聞くのは初めてだった。

 人はそれぞれ、いろんな事情の中で成長して大人になり、人生の様々なステージを越えてゆく。ごくごく当たり前のことだけど、普段はなかなか想像することができないものだなって思い知った日だった。

 私自身の人生なんて、ストレート過ぎて見晴らしいいなってくらい真っ直ぐだったんだなって痛感するほど、母の家庭環境は複雑で、いろんな人の気持ちを考えなければならない環境だったんだなって知った。43年生きて初めてのこと。

 母は気遣いの人で、努力も苦労も厭わない人だと思っていた。でも、そんなことはなかった。当たり前だ。誰だって報われたい気持ちはある。報われることや感謝されることが目的でなかったとしても、40数年のそれらが「この人はやりたい人だから」で片付けられていたらどうだろう。

 私はずっと、母は人のためにいろいろやりたい人だと思っていた。「そんな性分なのよね」と言うたびに、愚直にも「そうだなー」と思っていた。でもそれは違った。私が母を理解していなかった。理解しようとしていなかった、という方が正しい。ということが、今日わかった。

 人はいろんな事情の中で成長し、大人になる。

 子供の自分ではどうにもできないこともあれば、大人になってもどうにもできないこともある。誰かのために、自分の望みを後回しにしたり、諦めたりすることだってある。逆に、そんなことすら考えたこともない人だっている。

 前者の母に大事に育てられた私は後者で、なんだかもう自分にがっかりしている。でもきっと、母はがっかりさせたくて大事に育てたわけじゃないだろうし、多分がっかりする必要もないんだろう。

 考えようによっては、母が誰かのために諦めたり失ったりしたもの全てが「私」なのかもしれないから。

 私は母ではないから、母にはなれない。

 でも、母のような深い気遣いを、自分の形でできるようになれば、母の遺伝子を持ってる意味がやっと生まれるんじゃないかと思う。

 とはいうものの、ぶっちゃけると「気遣いのひとつもできない自分、どうなのよ」とは思う。それはもう、見事なほどに気遣いができない。というか、私の世界に「気遣い」がないみたいな感じ。だから気遣いできる人を見ると心からすげーと思う。

 そんな私が最近ハマっているのがこれ。LINE漫画である程度は無料で読めるよ(ただし、一日で読めるのは2話まで。だから毎日の楽しみになっている)。

 すごく独特の世界観なのに、地味でいよう、目立たずにいよう、波風立てずに生きようとしながらも、自分の本能や感情に翻弄され迷いながら突き抜けていくハイイロオオカミのレゴシくんが、人間社会で懸命に生きている人たちの心を打つだろうなと思う。もちろん私の心も。

 ハイイロオオカミのレゴシくんの、鋭い爪や牙や力は天からのギフトだろうけど、草食動物との共生を望む彼にとって、それらは草食動物を捕食するためのもので、食欲という本能と合わせて邪魔でしかない。だけど、それを彼はギフトに変えようとする。

 天からのギフトはいつだって自分にとって都合のいいものではないかもしれない。あるいは、都合のいいところばかりをくれるものではないのかもしれない。でも、それらも全部ひっくるめて「受け取る」と腹をくくったら、人はなんにでもなれるんじゃないか、不可能を可能にすることはできるんじゃないかと思う。

 まったく青臭い発想だなと思うけど、例えば私の「気持ちいいほど自分のことしか考えてない能天気さ」だって、多分ギフトだ。負けず嫌いもそう、バカが付くほど真面目なところもそう、誠実であろうと努めているところもきっとそう(要領が悪いともいえる)。

 なんとか、なんとか、周りの人たちが大切に育ててくれた「私」という人材を、十分に発揮して生きたいなと思う。そのためには、つまらない意地とかプライドとか、さっさと捨てて、あるいは捨てられない自分も全部「もーしょーがねーや、これが私だから」と走り出すしかないのだろうなとも思う。

 なんかもう、いろいろやっちゃってもいい気がしてきた。いや、もちろん柑橘に全振りなんですけどね。わたしゃ柑橘農家だからね。

 ビースターズ、個人的にはドワーフウサギのハルちゃんの清々しさが大好きです。なかなかのビッチだけど、ビッチかそうじゃないかなんて、生きたいように生きるのに、どうでもいいことなんだよね。

漢方外来とスクワット

 まとめて日記を書くのはあんまりよくないような気がするけど、雨だから。

 仕事の合間に病院に行ってきた。愛媛県病院にある漢方外来である。

 現時点で、致命的に痛いところはない。時々右肩が外れそうに痛くなるのと、右の股関節が非常に曲げにくいぐらいで、日常生活に支障があるわけでもないし、仕事ができないわけでもない。でも間違いなく仕事で身体を使っているから、あちこちにボロは出てきているだろうということで、予防措置として通ってみるかと思ったのだ。

 漢方外来は母も通っていて、主に鍼治療をしている。鍼をしたからといって、一発で根本治療ができるわけではないけれど、少なからず楽になっているのではないかと思う。というか、それを期待して私も通い始めたのだ。

 私自身、頭痛や生理痛のときは迷いなく鎮痛剤を飲むタイプではあるが、根本的に治療することで頭痛や生理痛がなくなれば嬉しいと思っている。

www.kracie.co.jp

 あんまり詳しく聞いていないのだけど、たぶん私はこの瘀血(おけつ)タイプ。血の巡りが良くなれば、頭痛や生理痛も改善するのであれば、こんな嬉しいことはない。体質改善の食べ物が全部苦手なものというのも、妙なほど納得だ。しょうがない、食うか。

f:id:cimacox:20210429095738j:plain

 処方された漢方は煮出すタイプ。今まで粉末は飲んだことがあったけれど、手軽に飲める分、効果が感じられないと飲まなくなった。ここでもまた「待てない時代」だ。

 でも今回は予防措置として通っているわけなので、効果があるといいなあぐらいで毎日飲んでいる。今のところ。

 初日はテンションが上がっていたので美味しい美味しいと飲んだものの、冷静になってくると不味さが分かってきた。でもここからが楽しいところじゃないかなって思う。この不味さをじっくり味わってしまえば、不味くて「えいや」と飲み込むよりも、新しい発見があるんじゃないかなって。

 だいたい、多分、きっと、なんでもそうだ。「嫌い」「苦手」「不得意」なことほど、苦い薬を飲むように「えいや」と飲み込んでしまうんじゃないか。だからずっと「嫌い」「苦手」「不得意」のままで、なにがどう「嫌い」「苦手」「不得意」なのかも分からないまま、漠然と「なんか嫌」で終わらせてしまう。

 いくら自分が「嫌い」「苦手」「不得意」でも、じっくり味わったところで、私が爆発するわけでもなければ、ぶっ壊れるわけでもないんだから、じっくり味わってやろうと思う。

f:id:cimacox:20210429095749j:plain

 診察中に「寝る前に膝が痛い、成長痛のような痛み」と言ったら、使い過ぎとのことなので、スクワットはお休みすることにした。すると、寝る前の成長痛的な痛みはなくなった。ほほう。身体って面白いな。一週間ぐらい休んでみようかな。

雨、二日目

 おはようございます。二十日間も放置してた。忙しいのは忙しいけど、忙しいを理由にしてたら、何にもできないままに一生が終わっちゃうんじゃないかと思う。だからってどうしたらいいんだろうねえ。

 農作業の方は、カラマンダリンの収穫を終えつつ、いろいろあったんですよ。苗木ちゃんたちの防除とか、筍茹でとか、モズク採りとか。あと、肥料もやったしカラマンダリンの防除もしたなあ。

 苗木ちゃんたちの防除は、背負いの噴射機でする。というのも、噴射する薬量が少ないし、ホースをずるずるしてたら苗木にぶつかって倒してしまうかもしれないから。しかしながらこの背負いの噴射機、10リットルの薬剤を入れて背負う。ということは、10キロ背負うということである。

f:id:cimacox:20210429083740j:plain

 肥料やたい肥は20キロ袋だし、みかんの収穫カゴ1つはだいたい10キロ入るので、10キロを持つのはけっこう慣れてきた。しかし背負うとなると話は別である。しかも急傾斜の場所が多いうちの畑、下手すると背負ったまま転がる。私が10キロ背負って転がったとしたら、ホースが苗木にぶつかる以上のダメージを与えることになるわけだ。

 だからスクワットはしておいてよかったなと思う(※スクワットは現在お休み中)。

f:id:cimacox:20210429084351j:plain

 苗木の防除の合間に、雑草も引いている。特にこいつらがやっかいなので、見つけたらしらみつぶしに抜いている。というのも、ぐんぐん伸びるし、種子が風に乗って飛んでいくタイプのやつだからだ。

 当たり前だが、草は種が芽吹いて草になる。草を増やさないためには、種を芽吹かせないこと、種を落とさせないことが有効だろう。でも現実無理。無理だよ、あいつらあらゆる手段で拡散しようとするんだから。

 だからとにかく見つけたら抜く。抜ききれないのはある程度育ったら除草剤をかける。それを何年も繰り返して撲滅していくしかない。

 草との闘いは一朝一夕で終わるものではないってことだ。でも、そういう積み重ねと時間を費やす仕事を、この待てない時代にやるからこそ、意味があるんじゃないかなと思った。

「待てない時代」、自分で書いておきながら言い得て妙だな。本当に待てない時代だよね。コロナの対策にしても、もう少し長い目で見てもいいんじゃないかな(自分の欲求も「待てない」から、松山市の繁華街クラスターがなくならないんだと思うわ)。

f:id:cimacox:20210429094205j:plain

 そうそう、防護ネットと電柵も設置した。うちの畑をぐるりと取り囲んでいる畑がやめてしまうので、ぐるりをなにがしかで囲まなければならなくなったのだ。

 みかん畑の多くがそうであると思うのだけど、ちょっと油断すると雑木林に呑まれてしまうような場所にあることが多いので、そもそもが歩きやすくもないし、作業しやすいわけではない。ぶっちゃけると「こういうのは危険だからやめてね」を真面目に守っていては仕事にならぬ、みたいな場所ばっかりだ(特に脚立やハシゴ)。

 でもやらねばならない。というわけで、設置してきた。もちろん力仕事は塩鯖なので、私は楽々な方だけど、それでもこの日は暑かった。もう春を通り越して初夏である。

f:id:cimacox:20210429094824j:plain

 今年は全体的に花が早いようで、すでに伊予柑はこのように満開だ。この雨が終わったら、花に防除をせねばならない。その前に、もう一か所肥料もまかねばならない。やることはたくさんある。たくさんあるけど、どれもやってりゃ終わる仕事である。

 農業はずっと休みなしだ。だけど考えようによってはずっと休みだ。身体は休まらないけど心はハードではない、というか、ハードではなくすることができると思う。そういうところが、いいところのひとつだと思う。