不安がいっぱい夢いっぱい

 寝る前にやっぱりぶつくさ言いたい性分のようです。こんばんは。

 両親が東京行きに胸を躍らせているのが手に取るように分かります。でも娘に東京の美味いものとか聞かれても困る。娘は出張でしか行ったことがありません。当然美味いものめぐりなんてする暇ないぜベイベー。職場とホテルの往復のみだよ。いや、でも一度築地に行ったんだ。しかし生モノが好きくない私、食べるものがなかった。ヘッキシ。だからよく分からん。同行してくれる市の職員さんに連れて行ってもらえば? と言ったらどうやらお上りさんだとか! マジすか! まぁ、個人的にもあの地下都市(地下鉄もろもろ)は理解できないがな。だいたい同じ名前の駅があるのが既に分からぬー! お名前の重複が一番困ります。

 ちゃんと別の職員さんも一緒だし、現地でお客さんとも会うそうなので心配してない。珍道中になることは違いがないだろう。スカイツリーともんじゃと浅草が飛び交っていたが、娘は全部に付き合える自信がないので、同行はお断りいたす。若いなあ、両親。

 布団をずり上げる癖がある(いきなり話が変わる)。今朝、足が寒いと思ってどんどん縮まっていたが起きたら頭の上に布団が。そりゃ寒いよね。ということで今日は重い布団を上にかけてみる。圧迫して抜け出せなくなる作戦です。母に「せっかく羽毛布団出してるのに!」と言われつつ「貧乏性なんじゃい!」と言い返す娘。なにか変だ。

 寝ます。おやすみなさい。