純文学って難しいんだろうか?

 適当に宣伝と、適当なぶつくさです。こんばんは。

 TNKISMは哲学カフェのテーマをお借りすることにしました。お借りしたテーマ2点、思いついたテーマ1点でお待ちしております。もちろん私も語るぜ、そのうち。

tnkism.com




 さて、純文学だよ。

 会社の隣の席の女の子が本好きで、だけど純文学はよく分からないというので春樹の1Q84を貸したのね。いきなり長編ですけど、たぶん一番読みやすいんだよ。下手に短編貸すほうが「なにこれ?」になる可能性大だと思う、村上春樹

 私は村上春樹に限らず「純文学」が好きですが、純文学が何かって言うのはわかりません。ボーダーがないところだと思ってます。だからあなたが東野圭吾に純文学性を認めるのであれば、それは純文学だと思う。私にとっては違うだけ。

 隣の席の子は、何をテーマに読んでいいか分からないのが苦手だ、と言いました。だから1Q84もミステリ的に読み進めていて、リトルピープルや空気さなぎが解明されるとどこかで信じていたようで、否定はしないが肯定もしない私の姿勢に、多少やきもきしたようです。テレビピープルと一緒だと思ってるわ、ぐらいしか言えないってそんなの。

 目的を持った読書、というと私の場合専門書になります。っていうとぎゃふんという顔をするので面白かったですが、なにかな、この違和感。

 私の中の純文学は、人類(あるいは個人)の大きなテーマに対して、改めて気づくような本質的な部分を刺激するもので、喜怒哀楽や妬み嫉妬、歓喜、悲哀などひとつの感情を大げさに描くのはちょっと違うな、と思ってます。とことんまでやると面白くなるけどね、ドン・キホーテみたいなね(やっぱり古典かよ)。

 なので、私の勧める本はどうにもいただけないものが多かったようです。っていうか、1Q84博士の愛した数式しか読んでくれませんでした。残念。

 私の好みの本はハードルが高いと言われましたが、決してそんなことはなく、なんでも読める人が一番すごいと思います。すぐに断念しちゃう私。きっと永遠に読めない1984

 私は想像の世界での自由がほしいんだよね。想像力は無限大とか言うけど、自分一人だと限界があるんだ。特にもう立派な大人になっちゃったわけだしさ。大人になって何が悲しいって、合理的すぎて遊びがなくなったってことなんだよ(大人になってもそれを持ち合わせている人もいる)。シナプスがいつもの回路を通っていつもの場所に繋がっちゃうわけよ。全然自由じゃない。その窮屈さをパーンと壊してくれるのが、想像力を駆使する読書、映画、芸術、なのよね。

 というわけで、純文学は「だからハードルが高い」ということはない、と思います。



 こういう、くだらないことをぐだぐだ考えているとき、SNSで「私だけだと思っていた!(けど違ったみたい。だからシェアするわ!)」的なものに絶対ひかっからないだろうなって思う。たぶん私だけがぐじぐじと、ぐだぐだと考えているんだわ。そう考えたら、なんだかシリウスの向こうの冷たいきらめきみたいな気がして、悪くないかなって思った。ブレようにもブレないんだもん。メンドクサイ自分。