生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

「喉のばい菌が下に降りてきたかな?」

 こんにちは。タイトルは昨日病院でお医者さんに言われたことです。まるで子供相手のようだけど、なんか納得しちゃった。もともとは4月3日くらいに「喉が痛い」から始まった風邪。調子がいいとは言い難い、けれど不調とも言い切れない日々を過ごしていて、昨日は一時間単位で発熱や撲殺睡眠や覚醒を繰り返し、悪化しているのか治っているのか理解しがたい状態になったので病院に行ったのであります。

 私が行く病院は塩鯖と同じ病院。塩鯖は必ず血液検査があって45分は待つのだけど、私のような病院ライトユーザーは待ち時間も少なく、なんと15分で診療から投薬まで完了。運が良かっただけかもしれないけど。本当は薬局でベンザブロックでも買おうかと思っていたんだよね。でも1600円ぐらいするんだ。病院なら今月はまだ再診だしきっと安いと思って病院を選んだんだけど、まっこと正解だったね。治療費は全部で1100円でした。

 若いころは症状が消えたら薬を飲むのをやめてしまったけれど、今はゴールまで飲み切ります。年齢を重ねるごとに医者の言うことを聞くようになるおりこうさんです。

 で、昨日家の中でもダウンを着て帰宅した塩鯖を迎えたら、塩鯖も喉が痛いと言い出している。これはいかんとイソジンのど飴をあげました。冬からずっとかばんに入ってたこの飴、効くとか効かないは正直分かりづらいけれど、潤うので良し。

 よくよく考えたら二人とも喉が喉がと言ってるのに燻製とか作ってバカじゃなかろうかとちょっと思いました。いいんだよ、楽しかったからいいんだよ。

 もう寒いか暑いかわかんないから、ずっと塩鯖のダウンジャケットを着ています。悲しいほどにジャストフィットです。