生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~世界に狂った色彩を~

歩と飛車角、そしてモノサシ:補足

 日を改めて読んだら不親切だったなと思って補足。

 まず「作業の半分以上が翌日に繰り越されていた」ことについて、私たちネット要員は、ネット店舗に商品を出すのが一番大事な仕事だから、まさかそれをスルーするとは思っていなかった。私たちネット要員は、ネット店舗に出品するために撮影したり原稿を作ったり調べたりしているわけだ。出品しなくていいなら、そもそもネット専門の要員に人件費など割かない。

 しかし彼女にはその理解がなかった。

 こうした事例は先の投稿に張り付けたツイッターの「単位取得の意味がどうしても理解できないのです。」とつながる。

 ひとつひとつの事柄の目的を知ろうとしない、分かろうとしない、だからなぜその手順が必要か、なぜこの順番で作業を行っているのか、そういう疑問がないままに、教えられたことを教えられた順にやろうとするからおかしなことになりがちだ、ということ(その悪しき良い例が「県条例素案にゲーム利用時間制限」だと思う)。

https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir8/dir8_11/dir8_11_2/w4tl9j191224083619.shtml


 目的を失った決まり事にありがちな、形骸化がここに生まれる。考えなくていいから楽だ、しかし決まり事が多すぎて毎日が忙しくすり減ってゆく。どんどん思考することができない疲れた人が量産される。クソでカスである。

 私は「なぜ」を大切にしている。疑問を持つから調べようとするし、自分でやってみようとも思う。その過程でたくさんのことを学ぶ。中には直接関係ないこともあるし、ほかの時に解消されなかった疑問が解決したり(そしてその時の疑問は解決されなかったり)もする。人は理由を知りたい生き物なのだ。

 かなり話が飛躍するけれど、私は妹が死んだ理由が知りたかった。物理的な原因やそれまでの精神状態など、大枠のところは当然分かっている。だけど唯一分からない当時の本人の気持ちを、もっと言えば当時の本人の気持ちの中にある、私への気持ちを知りたかった。でもこれは知る方法がない。どうしたってない。だって本人はもういないのだから。

 そこでいつぞや読んだ河合隼雄先生の言葉がよみがえる。人は自分の中で物語を作ってその記憶を補完して前に進むのだ、ということ。答えがない、だから進めない。それは留まりたいときの言い訳、メランコリックな自己憐憫に浸っていたいときだけだ。人はいつまでもそうしていられない。なぜなら、生きているから。

 私は人が考えることや、想像することや、工夫することを放棄したら、地球上でもっとも無益な存在になると思っている。息を吸って、生命を食べて、排せつするだけのサルである(アジアンカンフージェネレーション「新世紀のラブソング」より)。

 歩は飛車角にはなれないと、ひとつ前の記事に書いた。これは「今のままでは」ということ。実際には生まれたばかりの人たちなんて、可能性しかない。飛車角なんだと思う。それが、向上心や、野心や、成長欲が失われてゆくにしたがって歩になる。逆に言うと、飛車角と歩との違いなんて、それがあるかどうかなんだと思う。

 そりゃあ、やる気ばかりで学習しない痛い奴もいる。でも、そういう人たちもいつかは「同じところでいつもつまづいている」と気づけば、それまでの経験が全て学びに変わる。けれど今の日本に多くて問題になりやすいのは、失敗を恐れて行動していないから経験値も少ない人で、それで十分だと満足してしまっているケースじゃないかなと思う。

 日本は失敗に対して不寛容な国だという。でももっとよくよく考えると、失敗した時の対応が不誠実であることを許しがたいんじゃないかなと思う(河井案里参院議員の問題を見てて思ったこと)。それがたとえ失敗に対して寛容な国であっても、不誠実さを許せる人は多くはないと思う。でもそれが不誠実かどうかを言い切ることが怖いから、失敗を叩くことになるのではなかろうか。

 話がかなり飛躍したけれど、おおもとの根っこを知ろうとすることはとても大事だと思う。だから私はいつも考える。私は何をしようとしているのか。私はなぜそれをしようとしているのか。面倒くさいし、時にすぐ答えが見つからないときもある(ええと、あれ?なんでだっけ?)。そんな時は放っとけばいい。そのうちどこかで答えが分かる。いつかどこかでその答えたちが集まって円を描くとき、自分の人生の目的や使命が見つかるんじゃないか、そんな風に思っている。

歩と飛車角、そしてモノサシ

 おはようございます。日曜日(12日)は実はかなり疲れていた。というのも、通常の倍量の仕事があったから。その理由がさっぱりわからなかったけれど、火曜日の出勤で先輩が全ての謎を解いた(なぞは全て解けた!@金田一)。

 私が働いているところは、ネット販売部門と店舗部門で分かれていて、ネット販売部門は現在2名。平日2名の休日1名体制。店舗は常時3~4名。ネット部門の人がいないとき、店舗の人がヘルプに来て作業してくれることになっている。

 今回、ごくごく一部の作業に変更が生じたため、ヘルプの人にレクチャーする暇がなかったので、作業工程の最後の部分だけ翌日に残してね、と伝えたのだ。するとどうだ、作業の半分以上が翌日に繰り越されてしまいましたとさ、という次第だ。

 この件について、伝達した側の人は「私の伝え方が悪かったのだろうか」と3時間ぐらい悩んでいたが、私としては伝え方が悪かったというより、受け取る側の想像力が、仕事の本分への理解が足りなかったことも原因だと思っている。

 またこれについての誤解を解く声掛けにも非常に気を使っていた。というのも、注意されると「怒られた」と認識し、それ以降の説明が入ってこないタイプの人なのである。だからなかなか正しい理解が進まない(凹んでいるから聞こえない)。凹むのはいいが、聞こえないのは困る。

 個人的には謎が解ければ作業量が多かったぐらいのことは仕事なのでいいやと思っている。ただ、店舗側の人たちは彼女と仕事をしているわけなので、様々な配慮や工夫がされているのだろうなと思うと、心労がいたたまれない。

 という話を塩鯖にした。すると塩鯖は言った。

「昔は向上心なり野心があって、成長しようという人が多かった。でも今は違う。『今のままでいい』と思っている人が多い。だから成長しようとしない、変わろうともしない。むしろ変わりたいと思っていない。個人の望みは『現状維持』。

 将棋でいえば”歩”だ。”歩”はどこまでも”歩”だ。”飛車”や”角”の器の人は、”歩”から上って”飛車角”になるのではなく、最初から”飛車角”なんだ。香車や桂馬も数少ない。歩を育てて飛車角にする時代はもう終わったんだ。

 企業がよほどの大企業で、ふるいにかけることができるほど新入社員がいるようなところでなければ、選ぶことなんてできない。新入社員が、歩か、香車か、桂馬か、飛車角か、開けてみないとわからない」

 確かにそうだなと思うことが増えた。これは、昔は良かったというジジババの愚痴ではなく、本当に心が病むほどの社会の問題だと思う。私はこの問題について、多くの人が恵まれた環境にいて、何もかもが与えられて当然だからこそ引き起こされた弊害だと思っている。もちろん良い部分もある。読み書きも計算もできるし、思いやりも優しさもある。助け合おうという気持ちもある。けれど、野心だのハングリー精神だのは遠のいたように思う。

 さらに塩鯖はこう続けた。

「上の人間が、そうした向上心のない人間をどうにかして育てなければならないと思い込んでいる限り、伸びしろがないと感じる。本来は未熟な人間が持たねばならない向上心や成長意欲を、上の人間(他人)がどうにかしろという仕組みが、上の人間を苦しめるし、下の人間をさらにダメにする」

 塩鯖は前の職場で、自己流のハウツーを部下たちに伝えるクラスを持っていた。一年かけてハウツーを伝え、最後になにを伝えようかと相談されたとき、私はスピリットだと言った。だって足りないのはそこだもの。技術やスキルがいくらあっても、何のために頑張るのか、どれぐらい頑張るのか、それが分からなければ持ち腐れだからさ。

 でも塩鯖は別の時にこうも言った。

「自分のモノサシから出ない人は成長しない。自分は頑張りました、自分はやりました、それはあくまで自分のモノサシであって、結果に結びつかなければ”自分は”なんて意味がない。仕事を自己満足のためにするのならそれでもいいのかもしれない。だけど、向上するには、成長するには、自分のモノサシを超えるときがある。そこでどうするか、どうできるのかが大切だと思う」

 今回の一件もこれに近しいものがあると思う。自分はこれで正しいと思ったのかもしれない。でも、職務を遂行できていないと気づいた時点で疑問を持ってもおかしくないのではないかなと思う。自分の中で解決できないものは、上の人間に聞けばいいんじゃないかな。私はそうしてきた。

 でもな、彼女は決して人として決定的にダメなわけではない。悪気もないし、悪意もないし、そんなにアホでもない。だからこそ、どう伝えたらいいのかとても困ってしまうのだ。

 私なんかは(性格が悪いので)知っているであろうことを何度も言われると「アホやと思うとりますか?」と言ってしまう。だとしても、正しく伝わればいい(自分も正しい解釈かどうかの確認がとりたい)と思うので、怒りもしないし落ち込みもしない(むしろ爆笑するかもしれない)。でもここで、笑えない人がいるのだ。

 先日見たこのツイートがまさにそう。ガイドしてあげる必要がある、「これくらいわかるでしょ」という感覚では解決できない。本当にここのところが由々しい問題になっていると思う。これは若い子たちだけの特徴ではない。同年代にもいる。

 自分はそうじゃないから大丈夫、関わらないから大丈夫、ではない。いつかどこかで、必ずこの問題に向き合う日が来る。そんなときに、人として成長するための突破力を、その出し方を、スピリットを、どうにかして伝えたいと思う。

2020年、もう2週間ですか

 おはようございます。くたびれ果てて2週間が経過しました。バイトがしんどい? いや、それ以外のことも立て込んでいたのだ。

 主に仕事関係で忙しかったのでありがたい話なのだけど、脳みそが常に働いているようで、ぼーっとする時間が欲しくて海外ドラマを見たりしていた。ぼーっとするのでいいけれど、睡眠時間が削られるのが辛い。眠いのを押してみているというより、完全に眠くならないから眠くなるまで見ているという感じ。体にとっていいのか悪いのか。

 この慢性的な辛さしんどさは、肩こりも大いに原因となっている気がしている。多少なりとも動くようにはなったけれど、それでも同じ姿勢をキープしていることは多いから、背中と肩ががちがちになっている気がしている。

 なのでたまたま評されたYouTubeの肩こり解消ストレッチをしたら、気持ちはいいけれど慢性の痛みに即効くわけではない。そりゃそうだ、と。毎日コツコツ続けていこう。なにせこれから、肉体労働の一年が待っているのだから。

***

 私が愛媛にいたころ、両親も妹も通っている整体に私も通っていた。腕はいいところだった。そこに今も両親や妹は通っていたのだけど、金銭トラブルで揉めている。これが初めてではなく、一年前にも揉めたことがあった。加えて妹の友人もかなりの額が問題になっているようなので、妹ちゃんが尽力している。

 塩鯖に言わせれば「最初からいかん感じだった」とのこと。でも分からなかったものは仕方ない。そして、一年前も「あれ? おかしいな?」と思ったのに放置していたわけだから、いつかは勃発するものだったのだろう。

 うちの両親は「高い勉強代だった」と思うことにしているようだけど、妹ちゃんの友人がそうもいかないようで大変だ。

 私は裏方仕事が多かったので、お金そのものを扱ったことがとても少ない。自慢になるほどレジも打てない。簿記とか会計はちょいちょい触ってきたけれど、実働したことがない。塩鯖は長年営業やら販売の仕事をしていたので、金銭トラブルの経験が多い。だから塩鯖にも相談している。

 そもそもはお金を払っているのにその額の領収書がないことで、問題のスタート地点にも立てないことが問題だ。

 塩鯖は言う。「お金を払ったら、払ったという証明になるのが領収書だ。領収書が切れないお金ということは、着服しようとしている以外にない」。

 その通りなのだけど、うちの家族や友人は、長年通っていて信頼関係があると思っていたから何も言わなかった。そこがあだとなった。

 でも、詐欺なんてこんなものだと思う。結局は、つまるところは、人からお金をもらって自分の懐に入れる、そういう仕組みのことを詐欺というのだ。

 このことで、しみじみ思ったことがある。価値観の相違はどうしようもないこと。相手方とこちら側との決定的な亀裂はそこだと思っている。

 私はお金が好きだけど、だからって人のお金をもらおうとは思わない。でも、そうではない人たちがいる。そして、信頼関係は一度壊れると修復がかなり難しいものだから、壊したくない信頼関係は絶対に大切にする(お互いに大切に思いあっているならば、壊さないようにしなくても壊れないよって塩鯖に言われた。確かに)。でも、そうではない人たちがいる。

 私が大切にするものだから、周りの人にも大切にしてほしい。そう思うのはエゴだ(でも悪いことじゃない)。そうじゃない人もいるんだと、改めて思う。

「悪い人はいるんだよ」

 いるんだよね。

バラ色の明日 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

バラ色の明日 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)


***

 前回の離婚の時、私はとんでもないろくでなしのそばにいた。いつだって「このろくでなしはいつか犯罪を裁かれる」と思っていた(実際にそうなった)。でも、完全に諦めきる前までは「どうにかしたら、誠実な人間になってくれるかもしれない」と思っていた。あの頃の私はどうかしていた。それこそ愛で何とかなると思っていた。必ずしもそうではないことを、私のすべてをかけて思い知らせてくれた経験となった。かけがえのない、ろくでなしの経験。

 塩鯖に何度も「私のどこが好きだろう?」と聞く。そのたびに塩鯖は「誠実であるところ、誠実であろうとするところ、嘘をつかないところ」と言う。前回の離婚の時に、硬く心に誓った「もう嘘はつかない」ことが、ここで実を結んでいるような気がして嬉しい。本当はそれ以外のところでも、私への信頼となって返ってきているのだと思う。あの時の自分を、ムツゴロウさんばりによしよししてやりたい。