生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

できる人とできない人って何が違うんだろう

kodomo-manabi-labo.net

 こんばんは。私は英才教育など受けておらず、お稽古事もお習字だけ(そろばんは九九ができなくて断念)、学校の勉強は並の上だけど、それは母の強権教育のおかげだったと思います。ほっとくとしたいことしか勉強しません。

 でね、それなのにシュタイナーに片足を突っ込んでみたんですよ。まぁこれが「漠然としすぎてて意味が分かんねえええ!!」です。でもね、なんか分かりそうな気がするから厄介だなあ(いっそ分からなければやめてしまうのに)と思ったので、シュタイナーさんが作り上げた人智学が詰まったシュタイナー教育ってなんだよ、と思って調べました。

シュタイナーは学校について、「一切の偏見から自己を解放することができる、自由な人聞を育てる場所でなければならない」と考えていました。そのような人間を育成するため、シュタイナー教育では「教育そのものが芸術行為であるべき」だと考えられています。芸術的なものに触れると人間の感情は高まり、感情とともに取り入れた知識は定着しやすいからだそうです。

 芸術と結びつけるところは理解しがたくても(理屈は頭に入れたから分かるんだけど、私の頭の中で結びつかないだけ)、「一切の偏見から自己を開放することができる」というところは理解できる。理解はできるがきっと全容は理解できていない。

 おそらく人は偏見から自己を開放することはできない。生きていくうえで偏見は常に形成される。中庸でいることの難しさは、シンプルが最も難しいということだと思う。

 しかし塩鯖を見ても旅友を見ても、こういうパラドックス的ジレンマを抱えていないように見える。一切抱えていないということはないだろうけど、少なくとも「答えがわからないから判断しかねる」と止まっているところを見たことがない。それはあの人たちに散って「一切の偏見から自己を開放する」ということなんて大した問題じゃないからなんだろうなと思う。

 彼らにとって「考える必要があること」は「達成するための方法・手段・作戦」だろうと思う。やりたいことを見つけたとして、なぜそれがやりたいのかを考えることはどうでもいいこと(塩鯖的には「面倒くさいこと」らしい)なのだろう。確かにわからなくもない。考えても答えが出ないことを考えるのは時間の無駄なのかもしれない。

モンテッソーリ教育は、子どもに「自分を育てる力」――すなわち「自己教育力」が備わっていることを前提としています。この力を充分に発揮できる環境および自由を子どもに用意し、自発的な活動を促して成長させることがモンテッソーリ教育の基本理念です。「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことを目的にしています。

 シュタイナー教育と並んで有名らしいモンテッソーリ教育はこんな感じ。塩鯖はどちらかというとこちら側っぽいなと思う。けれどいずれにせよ、他人の価値観に左右されない強さがあるということだと思う。そして私にないのはまさにそれだ。

 ということは、実に俗っぽいところに落ちる。人の目が気になるか否かだ。これは塩鯖と付き合い始めてからもずーっと考えている。私はすごく気になる、塩鯖は気にしない。ここだよなあ、って思う。一言でいうと「変にプライドが邪魔をしている」とか「何かを痛烈に信じている」とかになると思う。塩鯖は幼いころ父親を亡くしているが、そのときこう思ったそうだ。

「神様はいない、絶対助けてくれる人なんていない。じゃあ、自分でやるしかない」

 塩鯖すげえな、と思うことは多々ある。でも、この人がゆるぎない正解かというとそれは分からない。できれば私に付き合ってうだうだと考えてほしいが、3分ぐらい質問攻めにしたら電池が切れて寝てしまった(漫画を持ったまま! 朝なのに! 休みだからね!)。寝る直前はとんでもなく退屈そうだった。強制的に生命維持機能以外を切ったのだろう。

 そして今、また糖質制限と塩分制限生活が始まって、かつ難病の一つである間質性肺炎であることもわかったので(主治医がさらっと「進行してないから大丈夫そうだね」って言ったらしく、おいおい初耳だよと思ったけど)禁煙し始めたので、落ち着かないようでお腹空いたを連呼している。いろいろ忙しい人である。ならば質問に答えてくれたらいいのにねえ。

ゴールデンウイークの予定と、高齢者の事故

 こんばんは。昨日は京都に行っていました。プロフィール写真なんて撮影してきたよね。もうあれよ、拒絶反応すげえ。といっても、どんだけ拒絶しようがこの面で往来を歩いているわけだ私は。諦めろ、この丸いのが私だ。

 ゴールデンウイーク。10連休もあったって困るという人が多いと聞きます。そうですよね。でも同意をとったところでゴールデンウイークは縮まりません。私のゴールデンウイークは3日間甥っ子と遊ぶ、3日間瀬戸芸に行く、に決まりました。我が家始まって以来じゃないかな、6日間連続人が泊まるのなんて。問題は甥っ子が2名来るのに布団が一組しかないということ。チビだから布団を横にして使うか。

 4月の終わりと5月の初めは瀬戸芸に終始すると思います。といっても、船に乗るのはかなり危険なので、高松エリア(港・屋島あじ竜王公園)と沙弥島ぐらいになるでしょう。あじ竜王公園、遠いな。展示1つしかないから諦めるかも。逆に沙弥島は近いのでチビーズを連れて行こう。私は小学生男子の扱い方など知らぬからな。

***

 高齢者による痛ましい事故のニュースがあった。ネットの声では「一律返納にすればよし」というのも見かけたが、予想通り非難の嵐だった。車がなければ生活がままならない人も少なくないのだ。

 といっても今住んでる骨付き鳥市や周辺地域ぐらいならば、なんとか車なしでも生活できなくはないだろうと思う。事実、姪っ子は車なしで出社している(電車+徒歩20分)。歩くのも辛い年寄りも少なくないだろうが、ならば運転なんてするなよと思う。車って体の動作は少ないけど、決して少ない動作で運転できるものではない。この辺を誤解している年寄りは多いと思う。

 でもスーパーなどの駐車場でギョッとする相手はたいていおばさんだ。一番多いのはバックで駐車しようとしているところに頭から突っ込んでくる人。「信じられない」って顔してるけど、それこっちだからね、っていつも思う。

 公道以外の場所は治外法権だと思ってるおばさんが一番怖い。

豊島美術館(再訪)

 こんにちは。今日は体調がすぐれないのでカレーを大量に作っています。楽をする作戦です。

 昨日ふと思い立って豊島美術館に行きました。塩鯖も一緒に。前回訪れたのは3年前の瀬戸内国際芸術祭。今年の初めに塩鯖を連れていきたいなあと思っていたので、念願叶ったというわけです。

cimacox.hatenablog.com

 前回はどのようにしていったのかも覚えていなかったけれど、まぁ港に行けば船に乗れるだろう、自転車最高だったからポルポル(クロスカブ)で走っても最高だろう。そんな浅はかで無計画な状態で、ポルポル二人乗りして港に行きました。そこで知った、豊島直行は高速艇しかないってことを。車両を載せられるのは小豆島を経由する便のみです。ご注意ください。

 で、二人で高速艇に乗り込み豊島へ。もちろん、ポルポルに乗っていく予定だったからレンタルサイクルの予約もなし。見事に前代貸し出し中でした。ま、その日の朝に思い立ったんだから仕方ないよね。ということでシャトルバスに乗って豊島美術館に行きました。シャトルバスはまぁまぁ人がいたほうかな。

 バスを降りたらこの景色です。やっぱり気持ちがいいところだな。

 美術館自体は予約なしでもサラッと入れました。瀬戸芸開催中は間違いなく予約必須でしょう。チケットを買って美術館へGO。

 美術館と言っても順路すべてが美術館みたいなものだから、道中も楽しみます。気持ちがいい小高い丘をぐるっと歩いて到着です。

setouchi-artfest.jp

 写真撮影は不可なので作品紹介のリンクだけ。春の豊島美術館はとても気持ちが良かったです。シャトルバスで来たので帰りのバスまでは時間があるし、私はのんびりと火の光や風や水の音を楽しみました。塩鯖もいろいろ楽しんでいたようです。

 美術館に入ってすぐ、太陽を見上げたらハロが出ていたので慌てて外に出て写真を撮ったよ、の写真です。綺麗にハロってるでしょ。とっても不思議で祝福されているかのような嬉しさがありました。気象条件がそろえば見れるものだろうけど、このタイミングでなのか、嬉しいなあって。

 この場所ではみんな静かに、それぞれが気持ちよく存在しています。立っている人、歩いている人、寝転んでいる人、寄り添っている人。私が行った日も海外の方が多かったと思うけど、言葉が通じない人だということを忘れるぐらい自然にみんながその場所にいて、気持ちよく過ごしていました。私はゴロゴロしながら「みんなきっと同じような気持ちだろうな。この空間が広がったら戦争はなくなるだろうな」と思っていました。別に日頃そんなことを考えているわけでもないのに。

 この美術館の素晴らしさは言葉では表せないと思っています。だから行くしかない。あの不思議で静かで平和な感覚をぜひ多くの人に味わってもらいたい。そんな場所です。

 で、ノープランの私たちは腹が減っていたのでショップに行き、豊島のいちごドーナツというお菓子を買い、ちょっとだけ腹ごしらえしました。ピクニック気分。いいね、いいねえ、お日様の下で飲み食いするのってなんでこんなに気持ちがいいんだろう。

 バスの時間までは余裕があったけど、のんびりのんびり動いてバス停へ。時間通りに来たバスに乗り港に向かいました。でも帰りのバスは満員でね、乗れないご家族もいたんだよね。そのご家族は「次のに乗るわ」と言ってたようだけど、次の便って一時間以上後なんだよね。これが予定詰込みTHE日本人なら「うわああ、困ったどうしよう。船にも乗れないし!」ってなると思う。私はまだまだTHE予定詰込み型日本人なんだなと思った瞬間でした。

 そもそも日本人と欧米の文化では「休み」の捉え方が全然違うのかもしれない。彼らは数日前後したっていいぐらいの緩いスケジュールなのかもしれない。そして日本はというと、有休をとるにも理由が必要だったり、みんな同時に休みだからあちこちで激混みが発生する。連休後の出勤日に「帰れませんでしたので休みます」なんて言う人はいない。限られた時間だからこそ有意義に使いたいと思い、スケジュールをばっちり組んでしまうのだと思います。それが悪いとは言わない。でも偶然を楽しむ余裕は減ってゆく。

 どっちがいいという話ではないんです。ただ、今回の豊島の旅は完全にノープランだったけどなんとかなったよ、楽しかったよ、たまにはノープランでもいいんじゃない? と思った、という話です。ノープランとはいえ帰りの船だけは絶対守らないと島に置き去りにされるので、ここは難しいところだけどね。

 塩鯖は美術館は展示があるものだと思っていたらしく、豊島美術館を見てちょっと驚いていた様子でした。でも、しみしみとこの美術館を理解していったようで、夜に「あれを作った人はすごいなあと思ったよ」と言っていました。私は寝落ち寸前だったけど「しめしめ」と思っていました。そう思ってもらえると一番嬉しい。なぜなら、私もそう思っているから。

 瀬戸内国際芸術祭の素晴らしさは、作品だけにあるのではないと思っています。旅行と同じで、計画の時点からすでにアートが始まっている。だから多少不便でもいいんだろうなと思います。にしても、飲食と宿が最もハードルが高いミッションというのが辛いところだけどね。

 今年はまだガイドが届かないので、どこに行こうか考えることもできない。けど、期間中最も混雑するのは最初と最後だと思うので、スタートダッシュの春はのんびり物色するために行くんだ、ぐらいの気持ちでいいかなと思っています。