生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

香川にいるからやっておきたかったこと

 まるで遺言のようなタイトルだ。おはようございます。

 昨日は古くからのブログ友人 id:t_kato さんとお会いしていた。ひたすら肉を食う会である。というのも、ゴールドタワーのリニューアルオープンが延期されていたから。いや、前日までは16日オープンになってたんだよ、、、誰も見てないと思って適当に延期しやがって!!

goldtower.co.jp

 香川県コロナウイルス感染者が出ていないと報道されている。じゃあ何を自粛するのか。まったく意味が分からない。ついでに、ゲーム1時間条例も非常に納得できない(まぁ、オレは関係ないけどさ)。

 というわけで、ゴールドタワーに集合したものの速攻で林ホルモンに行く運びとなった。ちなみに、ゴールドタワーで待っている間、来たものの行き場をなくしたサラリーマンとかけっこう見た(関係者かもしれない)。

 林ホルモンは何度か登場したホルモン屋で、とにかく肉が多い。潔いほど肉メニュー。肉を食いに行くところだ。15時に来店したので客はほぼいなかったが、けっこうな繁盛店だと思われる。オンタイムなら予約したほうがいい。

 そこでひたすらに肉を食い、聞いて見たかったことを聞きまくる。おばさんは図々しい生き物ですゆえ。今回は塩鯖も一緒に行ったのだけど、塩鯖は普段の20倍ぐらいしゃべっていた。そもそもがシャイで警戒心の強い豆柴のような男なのだ。

 カトウさんは思った通りの人で、とてもまじめで丁寧な人だった。同じ時代を生きる同年代は安心する。それは時代の常識が通用するなにかを持っているからかもしれない。いや、それ以上に彼のブログをほぼ欠かさず読んでいるからかもしれない。どちらかは分からないけれど、とにかく安心してのんびりしてきた。

 肉が終わってカフェにでも行こうかとなったのだけど、さすがは中讃地区、夜に空いてるカフェなどほぼない。あるのかもしれないけど知らない。だからかまどに行ってカフェが締まっていることを確認し(桜かまどは買ってきた。数あるシーズンかまどの中で一番好き)、久しぶりにファミレスへ。コロナウイルスのおかげで人がとても少ない。そして注文がタブレットになっている。近未来ここにあり(カラオケ屋が一番早かったのかな)。

***

 ブログで日常を垣間見ている人と出会うのはとっても不思議な気持ちだった。この人から見た世界をたくさん読んで知っているつもりになっていたけど、実際にその視点の人が目の前にいるというのはとても不思議で、なんというかなあ、現実ってとっても多面的なんだと思った。いや、現実なんて一枚っぺらかもしれない。それが見る人の数によって幾重にもなるのかもしれない。実際のところはどっちでもいいんだけど、平面が立体になった瞬間だった。

 私も塩鯖もあんまりアクティブな方ではないけれど、香川にいる間にこれだけはやっておきたいことのNo1が彼に会うことだった。会えて本当に良かった。

 革製品のプレゼントをいただいてしまった。ブックカバーとコードをまとめる洒落たバンドとペットボトルホルダー。いちいち洒落ていて、そして気が利いている。これはもう売り物レベル(大事に使わせてもらいます。ペットボトルホルダーは蜜柑山でも使える優れものだ!)。ビニール袋でみかんを渡した私が恥ずかしい(気にしないけど)。

 世のカトウファンよ、ぜひ会いに行け。