生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

帰省、そして母からの虐待

 こんにちは、帰省してきました。塩鯖はミカンの収穫、私は年賀状作りです。2日目はみかんの収穫を手伝おうと思ったのだけど、体調が優れず断念、年賀状の住所録整理をして一泊二日の帰省を終えました。

 私、塩鯖と結婚して8キロぐらい体重が増えたんですよね。ええ、知ってます。シルエットがもう別人だもんなって思ってましたもん。でもこれも一年キープされたのでデフォルトになってしまっていて、自分も「うん、まぁこんなもんだ」に落ち着きかけていたんですよね。そんな折、帰省したときの母の一言。

「食べすぎたんじゃない? 太り過ぎよ」

 ちょっと待て母、過ぎは酷い、過ぎは。まったく、ひどくないですか、腹が痛い=食べすぎってどんだけ食いしん坊万歳だと思ってるのお母さん。そもそも、去年の今頃は56キロだったのが、父骨折で実家の手伝いに帰ったら、みっちりご飯が出まくる。残すと悪いと思って食ってたらむっちりしたんだよ母! でもその後体重が落ちなかった奇跡は私が作ったんだけどね。ホントもう、中年太り切ない。

 中年は仕方ないと思いつつ、でもやっぱりダイエットしないとシルエット的にデラックスになりそうなので、そろそろ本気で(もう何度目だよこの決意)ダイエットします。食べたものと体重を、ここに書いてゆくわ。

 目標は、痩せてた頃に買ったジーンズがはけるようになること。先は遠いです。うむむ。でも、太り過ぎは聞き捨てならん。だから頑張る。

身長:160cm
体重:58.5kg
体脂肪:32.1%(今の私は水分と脂肪でできてるらしい)。