生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家一年目~

台風のはずなんだが

 おはようございます。空は真っ青、雲もあまりなく、そして暑い。10月に気温30度って普通なのかな、とりあえず夏物はまだ出しっぱなしなのでノースリーブワンピースを着ている。それでも暑い。

 こんなに室温の高い日は、パンを焼くに限る。といっても最近塩鯖があんまりご飯を食べないので、もりもり作っても消費できないから、普段はあまり作らないチャパタというパンを作っている。膨らんでくれたら嬉しいのだが、過去の経験ではフォカッチャよりちょっと盛り上がってるぐらいのものになる。それでも、今宵の夕食のミートソース(ナス入り)と鯖缶にはしっくりくるパンになるだろう。

 突然だけどもスマホをiPhoneXにした。先日まで使っていたiPhone7がバキバキすぎて、塩鯖が見かねて買い替えてくれたのだった。iPhone8もあったけれど、中古品は値段の差がそれほどない。ならばいい方にしてしまえという思い切りの良さだ。毎度これには驚かされる。私ならば3か月ぐらい悩み抜く。

 iPhoneXだからといって違うことはままあるが、もうすっかり慣れてしまっている。インストールとかもそれほど苦労しない、というか全部のアプリを入れる必要はないのだ、ゴミみたいなものもたくさんあったし。必要を感じたときに追加すればいいかぐらいで、とりあえずはGoogleとの連携を済ませたらだいたいOKだった。楽ちんだねえ。※今回はバックアップ作って移植してっていうのをやってない。あれをやるとゴミも丸ごとやってくるからな。

 iPhoneXにしたらアニ文字で遊ぼうと思っていた。思ったより使える場所が少ないが、でも楽しい。あらゆる動画でこれが使えたらいいのにと思ったけれど、いろんな問題があろうから今は望まない。でも、攻殻機動隊のテレビシリーズのクライマックス、笑い男が目を盗むっていうやつはこれになるんだろうな、と思った。表情がダダ漏れだったらあんまり意味がないけどな。

 先日より、絵を描いたらどうだと頻繁に言われるようになった。自慢じゃないが、15歳ぐらいからまともに描いていない。子供のころはそれこそお上手だった方だが、褒められるから描いていたのか、描きたいから描いていたのかも覚えていない。たまの落書き程度じゃないものでもやってみるかと思って、手元にあったかもめのジョナサンを描いてみた。

 意外とかもめに見えて驚いたね、自分で描いておきながらね。まぁこれ写真見ながら描いたから、想像の何かとかじゃないのよ。

 私の友達のひこさんという人は、それこそ個性的な絵を描く。カラフルであふれんばかりの生命力があって、私は大好きだが塩鯖は気持ち悪がっていた。まぁそれも分かるんだ、でも絵って完全に好きとか嫌いだけでいいんじゃないかしらね。

 描くと楽しいな、でもあんまり描きたいものもないんだな。