生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家二年目~

カラマンダリンが終わっちゃうのよー

 こんばんは。まだまだ終わらないけどね。4月いっぱいはカラマンダリンの出荷が主軸。

f:id:cimacox:20210410195913j:plain

 以前は5月のGWごろも収穫していたのだけど、年々早まってきているようで今年は4月に全部が終わりそう。早くなったからといって味が悪いということはない。むしろ、味が早く仕上がるから収穫が早まっているのだ。

f:id:cimacox:20210410195924j:plain

 こうしてみると、柑橘が実っている姿は本当に美しいなあ。地面には落ちて腐ったやつとか転がってるけど、たまにその上に座って「うわー、つめたーい(やっちまった)」と思うけど、それでもやっぱり美しいなと思う。

f:id:cimacox:20210410195937j:plain

 どうでもいいけれど、仕事中にラジオを聞くことがある。お気に入りはラジオ第一。ローカルAMも聞くことがあるが、正直言ってあまり聞けたものではない。その理由は、番組内で本当に宣伝が多いんですよ……トゥルースリーパーとかなんとかベリーとか薄毛のサプリとか。それだけではなく、大変申し訳ないがクオリティも低く感じる。

 それに引き換え、ラジオ第一の番組のクオリティの高さといったら。すごく安心して聞いていられる。安定してずっと聞いていられる……。大変ありがたいです(平日の鉄板コースも大好きだけど、土曜日の山カフェも大好きです)。

 さて、今日はもう一つ別の話題を。私は書きながら考えるタイプ。イコール、書かないとまとまらないタイプ。だからはてなブログチラシの裏なのよ。

父親の「今までこうだったんだから」という謎ルールで採択されない事とか知識でのマウントがめっちゃしんどい

 親子で農業をしているのだろう。こんなだから仕事が嫌いになりそうっていうツイートを見た。

 第一印象で「分かる!すごく分かる!!」と思った。今までこうだったんだからという謎ルール。私の場合は、母が時々頼んでくるパソコン仕事がまさにそれだ。「ここが不便なの」という割に「こうしたらいいよ」はほぼ聞き入れられない。それでイラっとしたことはある。

 でもすぐにSE時代を思い出して、慣れないことをするのが億劫なんだと思い直して、望むとおりにしたけれど、確かに私はあの時イラっとした(※SE時代、導入先のクライアントの対応をするのが仕事だったのであります)。

 じゃあSE時代も菩薩の対応ができたのかって言われると全然だった。毎度カチーンと来てたし、あらぬ暴言を心の中で吐いたりもしていた。それぐらい腹が立つものだった。それをどうやって乗り越えてきたのか、真面目だけが取り柄の私は「時間をかけて信頼関係を築いた」のだった。

 今回の場合、相手は親だ。他人にできて親にできないことなんてあるだろうかと考えた時、思い当たったのが「甘えてるからじゃないか」ってことだった。

「親なんだから~してくれて当たり前」

 そう思っていたらどうだろう。腹が立つのではないか。

「親なんだから、子供のことを思って譲るのが当たり前」
「親なんだから、子供のことをやってくれて当たり前」
「親なんだから、子供のために折れてくれて当たり前」

 そう言いたい気持ちもわかる。そうしてくれることが、親から子への愛情だとか、思いやりだと思ってる人もいると思う。しかし、おそらく親と働いている人の多くが成人している立派な大人である。

 もちろん、そこには私も含まれる……。ひぃぃぃぃ。

「親なんだから」これはなかなかのパワーワードだと思う。もし自分が親になっていたとしたら、いい大人になった子供にこう言われたとしたら。

 そう考えると、ああ、私甘えていたんだなあと思う。母からすれば、あれもこれも言わないと分からない、まだよちよちの一年生なのだ。例え20年以上外の世界に出て、一応社会人として生きてきたのだとしても、実際に目の前にいる私はよちよちのピヨピヨなのだ。

 だとしたら、母に「この子は、この子じゃなくて、”この人”になったんだな」と思ってもらえるような振る舞いをしたらいいんだと思う。今の自分が思う通りの関係性になるには、思っているより時間がかかるかもしれない。でも、母から「一人前になったんだな」とお墨付きをもらえる時、私はたぶん、今よりもずっと成長していると思う。

 ちなみに、塩鯖ならばきっとアプローチ方法が全く違う。彼はまず、完璧に相手の望むものになる。それが彼の生き方だ。私には真似できるものではない。でも、私は私なりの不器用な方法で、これから一年しっかりと成長していきたいと思っている。