生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家二年目~

近頃の1日のタイムスケジュールなど

こんばんは。昨日は塩鯖が地域の行事に参加していたので、帰りがとても遅く、二人とも寝たのが0時を過ぎていた。だから朝寝坊してやった。

普段は5時には起きて朝ごはんタイムに入るのだけど、今日は6時半に起きたのだ。普段より1.5時間も遅くまで寝ている。きっと多くの会社員はアウトだろう。でもここは自営業。アウトなどない。起きた時間=起きた時間なのだ。遅く起きてしまったが為に、信用や皆勤賞を犠牲にしたり、「ああ、朝も起きられないのか自分」と朝から闇落ちする必要などないのだ。そもそ、始業時間などないのだ。ビバ! 自営業!!

本当なら午前中休んでもいいやってぐらい怠かったけどね。

 

さて。

先週の金曜日、極早生みかんを産直に180袋出した。180袋は去年と合わせても最高数だ。

松山市内にあるJA直轄の産直「太陽市」)https://www.ja-e-chuo.or.jp/ohisama-ichi/

 

いつもは多くても100個程度だが、それでも2、3日で売れてしまうものだから、土日がある週末に出すならドーンといってしまえと思ったわけだ。その結果、見事2.5日で完売でございました。誠にありがとうございます。

というわけで、ちょっと遅くまで寝た今日の午前中のお仕事は、この産直用の袋詰め。

f:id:cimacox:20211004203341j:image

頑張って108袋詰めました。この子たちもみかん好きさんたちの元に届け。

 

その前に、毎日恒例の猪罠チェック。

f:id:cimacox:20211004203555j:image

私の住む地域では、地域で設置している猪罠がある。地域で設置している罠は当番の人が順番に見回る。我々も月に一度見回っている。

それとは別に、個人で設置する罠もある。それは個人が見回らなければならない。ということで、毎朝のスタートは猪罠の見回りからなのである。

すでに塩鯖が3つの罠を仕掛けているのだけど、見事に2つ弾かれていた。弾かれているということは、猪が足を突っ込んだということだ。突っ込んだけどなんらかの理由で罠が作動しなかったか、作動したけど猪は捕まらなかった。実に惜しい。

というわけで、午後は猪罠の再設置を行うことにした。

f:id:cimacox:20211004204206j:image

ちょうど、猪が崩していった場所のあったしね。ここ、一応脆弱ながらも水路なのだよ。水路を潰すなよ全くもう。

f:id:cimacox:20211004204210j:image

ということで、午後のお仕事は水路の発掘から。ここで採取した土は土嚢にして他の畑で使う。サラサラの土なので楽だったけれど、でも土仕事だな、土仕事はゴリゴリと何か、おそらく精神的なもの、あるいは魂が削られるのだよね。だから本当にやめてくれよ。

この土いじりを終え、2箇所の罠の設置を終え、穴が空いた畑に土嚢を詰めて本日のお仕事完了。仕事内容的には楽な方だった。

 

ちなみに最近の1日のスケジュールはこんな感じ。

5:00 起床

7:00 午前の部開始

11:00 午前の部終了

11:30 昼食(昼休み)

15:00 午後の部開始

17:30〜18:00 午後の部終了

21:00 就寝

夏から冬に移行している感じ。だから比較的楽な方かな。これが収穫始まると昼休みが1時間になるからしんどいんだよなあ。

 

ま、しんどくても動けるんですけどね。そして、毎日の通勤がないっていう暮らしは、想像以上に、びっくりするほど、感動するほど、ストレスないんです。マジで。農家最高よ。