生きることは物語を作ること、をテーマに日々哲学するブログ

生きるとは自分の物語を創ること

日々のじだんだ ~見習いみかん農家二年目~

記録的な長雨とお盆休み

 おはようございます。いやはや、2021年夏は記録的な長雨になりましたね。まさか真夏に25度で過ごせるとは思いませんでした。

 長雨の前に台風が到来していたのですが、その前日に線状降水帯の赤ゾーンが通り、台風よりもすごい雨風の日がありました。それが11日。そして台風が到来し、長雨に突中、本日20日まで降り続きました。

 しかし長雨の最中はあまり風も吹かず、線状降水帯も通過せず、しとしとしとしと、昔の梅雨のように降りました。不思議な天気よ。

 みかんの仕事的には、夏の雨はそれほど大きな影響はありません。今はちょうど青いみかんの実が肥大するところだから、逆に雨がある方が嬉しい。だけどこんなにいらないんだけどね。ええ。

 幸いうちは4馬力で仕事に余裕があるので焦らないけれど、摘果が終わってない人たちは焦っているかも。いやそれ以上に全員が「防除した薬が流れて黒点が出る」と冷や冷やしていることと思う。黒点は味に影響ないけれど、見た目が悪いので商品価値は下がるからね。

 そして、雨が降ると当然畑に行かなくなる。だから猪たちは「人間さま来ねえじゃねえか」と活発になる。なので雨上がりの今は猪対策をしている。

f:id:cimacox:20210820104005j:plain

 みかんの木が乾いて、雨の予報が消えたら即防除になるのだけどね。

 さて、お盆休みだ。幸いというか、不幸というか、お盆中はすべて雨だった。そして甥っ子3人が帰ってきていた。だからお盆はすべて甥っ子で埋め尽くされた。可愛い甥っ子なので嬉しいのだが、いかんせん元気が良すぎる(元気がないよりは断然いい)。

 一時はお盆明けから雨がやみそうで、このままいけば我々のお盆休みはいずこにと心配したが、雨が続いたのでしっかりと休めた。むしろ休み過ぎたぐらいだ。ありがたいやら、なんなんだか。塩鯖氏、大人気過ぎて休めないまま仕事に突入かと心配したがセーフだった。

 甥っ子たちは真面目なので宿題をしてから大騒ぎで、残念ながら海には行けなかったけれど、最後の最後まで大好きなおじさんと一緒に妹宅に帰りましたとさ。

 塩鯖氏、電気工事士試験合格しました。1日120ページ勉強して覚えた彼はすごい。

 教材はユーキャンを使用したのだけど、教材もまた素晴らしかった。しかし素晴らしい教材があろうと、勉強しなければ意味がない。モチベーションの維持、継続のために人はたくさんお金を払っているのだと痛感した。そうやって多少なりとも自分を追い込まねば目的を達成できない人の方が多いと思うからだ。

 しかし塩鯖氏は頑張りました。頑張らないと合格できないような、専門的な内容だし、何より国家資格だ。更新も追加費用もいらない。一生ものの資格って本当に価値があると思う。

 こうした教材は、買って満足する人が多いのだろうと思う。私のデジタルイラストがそうなりそうなので、こつこつやらないとな。特に資格試験がないから気が緩んでしまっていけません。